野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9

<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

理解できないマナー

今日は草野球の試合のはずでしたが、
昨日の雨で中止。晴れているのに出来ないのは
釈然としません。。。23日の練習試合に向けて気分を
切り替えなくてはいけませんね。

・・・というわけで、久しぶりに秋葉原をフラフラとしました。
目的は今月入いるはずであるボーナスを見込んでの買い物(笑)。
今回は、うちの奥さんが靴、服、鞄などバーゲンで3万は買う!
と公言しており、それと同額程度の散財を許可されているわけです。

そして疲れてファーストフード店で休んでいるときのこと。
おかしな人たちに会いました。

一人は20歳くらいでしょうか、店内が込んでいるのに
関わらず何も注文もしないで、座席に着いて眠り込んでいるのです。
店員が注意しても、ちょっと目を開けるだけで無視。
ふてぶてしさに店員さんも強く言えない様子でした。

次に隣の席に60歳くらいのおばさん二人が座って
きました。テーブルの上が汚れていたのでしょう、
一人の方がティッシュを5-6枚出して、拭いていました。
驚いたのはその後。拭いていたティッシュを丸めて
足下に捨てたのです。そのティッシュは私の足下の
20cmくらい側に。。。普通はお盆の上にでも置いておき、
店から出るときに捨てると思うのですが・・・
あまりに唖然として声がでませんでした。

相変わらず理解の出来ない事件を
起こす10代。手製爆弾の爆破や、家族の刺殺など。。。
でも、結局は世代に関係なく理解のできない行動を
する人たちは多いということを痛感しました。
[PR]
by u-number9 | 2005-07-02 19:40 | 日常
ソフトがいまいちのPSPですが、
6/30に「アドベンチャープレイヤー」なるソフトが
フロムソフトウェアから発売されました。
私はこのゲームの特徴に興味があります。

このゲームは典型的ないわゆるコマンド選択式の
アドベンチャーゲームです。プレイヤーがドラマのように
進んでいく話の分岐点で、適切なコマンドを選んで
いくことで、適切なエンディングを目指していくというものです。
このゲームでは3本のストーリーが入っているそうです。

私はこの手のゲームが好きです。
というのも、小中学生のころに「テキスト・アドベンチャー」という
文章で表現した自作のこの手のゲームがはやったからです。

たとえば・・・

(1)あなたは殺人現場にいます。どうしますか?
   警察に通報する→(2)へ
   調査をする→(3)へ
   悲鳴を上げる→(4)へ
(2)警察がつきましたが、あなたが逮捕されました。ゲームオーバー
(3)怪しいナイフをみつけました。→(5)へ
(4)声に気がついた犯人におそわれました。ゲームオーバー

というように、話作るのです。
昔、くだらない探偵モノをノート一冊分の話を書きました(笑)。

今回のPSPの「アドベンチャー・プレイヤー」は
無料で公開されているADVPスタジオと言うソフト(ウインドウズ)を
使うことで、自分の取った画像や音楽を編集することで
自分独自のアドベンチャーゲームを作れるのです!

現実なことをいえば、作ったゲームを
誰かにやらせることはほとんどないでしょう(笑)。
ですが、創作意欲というのが湧いてきます!
自分なりのストーリーを練り、それに適した素材を確保し
組み合わせると、、、、ゲームにしては
クリエイティブと言えるのではないでしょうか?

興味津々なゲームです。
[PR]
by u-number9 | 2005-07-01 22:20 | ゲーム