野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー

<   2007年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ハム“退団ショック”乗り越え連覇

日本ハム、連覇おめでとう!

昨年のオフに、3割30本の打の中心小笠原選手が巨人へ移籍し、
中継ぎの中心岡島投手がFAでレッドソックスへ。
そして、チームの中心新庄選手が引退
連覇の可能性は無いと思っていました。

しかし、中継ぎの不足はダルビッシュ投手を含む先発が
カバーし、打撃力の低下は機動力でカバー。
チーム打率.258(5位)本塁打73本(6位)得点513(6位)ながらも
失点479(1位)防御率3.23(2位)という守りの野球で勝利しました。

MVPは打の中心稲葉選手か、投の中心ダルビッシュ投手でしょう。
(まずダルビッシュ投手で決定か?)
巨人と違ってやりくりの勝利という印象がするので
実に好感もてますね(笑)
[PR]
by u-number9 | 2007-09-30 18:48 | プロ野球
[新製品]ソニー、ワンセグ対応ウォークマン、16GBモデルで最長100時間録画

最近はなんでもワンセグが搭載されますね(笑)
噂ではシャープがフルセグ(通常の地上はデジタル)対応の
携帯の開発を進めているとか。当然、ワンセグとは比較にならない
映像のようです。

このウォークマン、デザインはいまいちパッとしないという印象。

>バッテリー持続時間は、ワンセグの視聴時が約6時間、録画時が約8.5時間、
音楽再生時は約36時間、ビデオ再生時は約10時間。

ワンセグ視聴とビデオ再生時間はなかなかではないでしょうか。
一方、あまりバッテリを食いそうもない音楽再生時間は
少ない印象です。

この機種だけではありませんが、私は「ノイズキャンセリング」は
必須です。喧しい地下鉄などを利用することが多いので
音量を大きくしがちで、周りにも自分の耳にも優しいノイズキャンセリングは
モバイルに必須かなと思うこの頃です。

いずれにしろ、ワンセグってそんなに皆さん観ますか?
私は移動中にまでテレビ見たいと思いません。
観たい映画や動画ならばいいですけど。。。

そのうちiPodにもワンセグが搭載されるかな(笑)
c0041473_2233125.jpg

[PR]
by u-number9 | 2007-09-28 22:33 | モバイル

大相撲の闇

時津風親方、廃業避けられず…「かわいがり」過ぎツケ
時津風親方ら立件へ 力士暴行死

千代の富士全盛期はよく相撲をみましたが、最近はさっぱり。
頻繁に聞こえてくるのは若貴のイザコザや朝青龍問題などの醜聞・・・
そしてついに「時津風部屋17歳力士へ金属バットで暴行」!

朝青龍問題なんて比ではないです。これは完全に
刑事事件です。

スポーツライターの玉木さんがおっしゃっていましたが、
「組織を運営するには、「制服組(経験者)」と「背広¥組」(外部)が必要」だと。
まさしくその通りです。相撲協会は本気で相撲界を改革し、
相撲人気の回復と世間の信頼を回復すべきです。

これを放置するくらいならば、相撲は公益法人からはずし
無期限停止すべきですね。
[PR]
by u-number9 | 2007-09-27 20:42 | ニュース
今日は今月の「ヤマ」と言えるの仕事でした。
せっかちで、怖いお医者さんに書類を書いてもらうという内容。
体調不良と緊張から、汗が床に滴っていました(笑)

そういうわけで、Komuさんのご推薦
「MOW カラメルカスター」で癒し。。。

美味しいなあ!!
c0041473_2063174.jpg

[PR]
by u-number9 | 2007-09-27 20:04 | 日常
風邪が抜け切らないうえ、仕事もちょっとストレスが
貯まっています。

そんなときは、「不二家ネクター 濃い果実白桃」。
最近ハマッています。

会社帰りに飲むと生き返ります(笑)
c0041473_21145996.jpg

[PR]
by u-number9 | 2007-09-26 21:15

カーナビ欲しいです

今日は重要な会議もあり、風邪で辛かったのですが、
何とか出勤しました。一日中、変な脂汗が出続け大変でした。

さて、デジタルグッズネタです。

私はGPS内蔵のPDA、mio168を簡易カーナビとして利用しています。
本来はGPSでの位置測定だけですが、MioMapというソフトの
おかげでナビゲーションも可能です。
しかし、最近はちょっと物足りません。

というのも、草野球の移動時に迷うことがあったのです。
そもそもGPSだけでのナビであり、ジャイロセンサーや加速センサーが
ないため、自車の位置には多少のずれが生じます。
とくに高速道路の高架下などの場合は、高速道路を走っているのか
一般道路を走っているのか区別できません。

また、車線変更の指示や高速の乗り降りについては
明確な指示がないので、かなり乗り手の判断が重要になります(笑)。

先日、高速に乗り損ねて迷走したうえ、高速上で間違って
インターでおり損ねた際に逆送の指示が出たときは切れかかりました(笑)。
(間違いなく、高速を走っていると認識されていなかったようです)

そんなわけで、ただでさえ道路の分からない私としては
もう少し高性能なナビが欲しくなっています。

いまのところの候補としては、ポータブルナビの中で
ミニゴリラ(サンヨー)
NV-U1(ソニー)あたりが候補です。

ミニゴリラは人気がありナビの確かさやサポートが
しっかりしている印象があります。
NV-U1は電波、光VICS対応に惹かれています。

さあ、どちらがいいかなあ。
[PR]
by u-number9 | 2007-09-25 21:47 | 日常

風邪でダウンしました

風邪を引きました。。。。
昨日のおとといの野球や、仕事の疲れもあったのでしょうか。

咽喉が痛いわ、鼻水はでるわ、熱がでるわ。。。
明日は仕事休めないですし。辛いなあ。。。
[PR]
by u-number9 | 2007-09-24 18:10 | 日常
我が草野球チームが野球大会に出場しました。
毎年、この時期に健康保険組合主催の大会に出場しており、
100チームを超えるトーナメントを戦っています。

1回戦、大宮というかなり遠方にもかかわらず8:45プレーボールのため
何とチームのショートとピッチャーが遅刻。
仕方なく、急遽ピッチャー経験者に登板してもらうというアクシデント!
四球1、次の打者0-1というところでピッチャーが到着し交替しました。

ピッチャーが到着しても、当然浮き足立つチームはエラーも重ねて
初回は3点取られ、続く2回もまったく落ち着かずに2点を奪われて
0-5と一方的な展開に。。。

しかし、その後は毎回ランナーを出しながらも
辛うじて0点に抑えて切り抜けて、5回の表。
私からの打順。左のサイドスローという変則ピッチャーのシュート気味の
まっすぐを振りぬき、ツーベース。次の打者もヒットで続き
ノーアウト1-3塁。ファーストランナーが盗塁し2-3塁。
さらに次の打者がポテンヒットをうち、ついに1-5。

攻撃は続きます。遅れてきたショートがヒットを打ち、
2-5。そして期待の若手がランニング3ランホームラン!!
何と奇跡の5-5の同点に追いつきました。

5回裏。相手の攻撃も簡単に終わりません。
ヒットや四球で2アウト満塁、カウント2-3。
アウトコース高めのまっすぐ。私も「ああ、ボールだ!」と
思ったのですが、何と「ストライーク!!バッターアウト!!」
かなり判定が酷い審判でしたが、この時ばかりは
ラッキーでした。完全にうちに勝ち目が来ていると思ったのですが。。。

結局、5-5の引き分けでしたが抽選で「負け」てしまいました。

勝負にたらればは禁句でしたが、はじめからメンバーが揃っていれば
勝てた相手だったかなと思います。
しかし、我がチームは完全に「遅刻」するなど勝負への姿勢で
負けるような状態でした。そういう意味ではとても悔しいです。

チーム全体でこれを反省させ、来年に向けて若手育成
と外野守備力向上に取り組んでいかなければ。
まだまだだなあ。

個人成績
3-2安打 1盗塁
[PR]
by u-number9 | 2007-09-23 09:55 | 草野球

NOVA、200校閉鎖へ

200校閉鎖へ NOVA衝撃の朝 生徒「ポイント使い切る」

生徒勧誘時の誇大表現などが特定商取引法違反にあたるとして、
経済産業省から一部業務停止命令を受けてから約3カ月。。。
NOVAもかなり経営状態が悪いようですね。

今回の件は、私も英会話に通っていますので
人事ではありません。

いけいけドンドンで拡大してきたツケですが
生徒さんや、現場で働いている社員さんは少し気の毒です。
[PR]
by u-number9 | 2007-09-20 21:21 | ニュース
古田兼任監督、退団を表明=「プロは結果が問われる」と決断-プロ野球・ヤクルト

ヤクルトの古田監督が退団、そして選手としても引退が発表されました。

1990年、トヨタ自動車からドラフト2位で入団した古田捕手は
1年目から秦、飯田、八重樫といった選手を押しのけて100試合以上に出場し、
ゴールデングラブ賞を受賞。翌年からはバットも冴えを見せて、
.340をマークして首位打者を獲得。さらに翌年は自己最多の30HRをマーク。
強打の捕手としてその地位を確立しました。
そして何よりも素晴らしかったのはそのスローイング。

1年目から当時の野村克也監督に見出され、英才教育をうけた古田選手は
1993年には.644、2000年にも.630という恐ろしい盗塁阻止率を叩き出します。
何といっても柔らかくすばやいフットワークと正確なコントロールが
武器でした。

面白い逸話としては、ピンチでゲッツーを欲しい場面で
投手は入来投手。あえてど真ん中にストレートを要求し、ゲッツーをとって
ピンチを脱出しました。ピンチで力むとストレートがシュートするという
特性すら読んでバッターをゲッツーに仕留めたというわけです。
投手の特性を活かした堅実なリードの西武伊東捕手と実に
対極的なリードという印象です。

ちなみに私も古田選手のプレーを見て、打てる守りるキャッチャーを
目指しました。一時代を確立した超一流捕手のプレーを見れたのは
実に幸運だったと言えるでしょう。古田選手、お疲れ様です。
[PR]
by u-number9 | 2007-09-19 22:16 | プロ野球