野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

このブログでコメントくださる風祭さんから
24シーズン1を借りて、見ています。

何とTVやPCでは見ないで、ZERO3にポータブルスピーカーを
つないで、寝転びながらの観賞。

我ながら、何もこんな小さい画面で見なくてもいいと
思いますが(笑)。。。でもVGAは綺麗です。
c0041473_22285795.jpg

[PR]
by u-number9 | 2006-10-31 22:28 | モバイル

ソフトバンク騒動

昨日、近所のコジマにいったところソフトバンクモバイルの携帯コーナーに
かなりの人だかりができていました。

「通話とメールが0円なの?」「一番売れている機種は?」
と店員さんに話しかける声が聞こえていました。
お店でも、通話・メール0円の大きなポスターが
貼ってあり、新規機種もすべて0円との表示は驚きました。

しかし・・・
ソフトバンク、申し込み殺到で番号ポータビリティ手続きを停止

受け入れの準備も不足しているようですね。
みなさん、落ち着きましょう!(笑)
また、こちらの記事を見ればわかりますが、
ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑 (1/2)
[経営戦略]NTTドコモ、「ソフトバンクに負ける料金プランは1つもない」と中村社長

通話は時間帯と合計時間で制限があり
メールもソフトバンク間に限定されています。
さらにいえば、新機種の0円というのは頭金です。3ヶ月目以降から
24回割りで月賦で支払うんですよ。他のキャリアへの通話料も
3分120円と高い(ドコモ70円)。郵送の明細の料金も105円と。

2880円で収まる人はいません(笑)。

ちょっと許せないのは、誇大広告(キャッチコピー)なところです。
キチンの説明を受けて判断するのは消費者責任ですが、
こういった料金体系の複雑化は逆行するものです。
(正直、分からないまま契約しちゃう人もいるでしょう)

そもそも、私は端末を0円で売るようなビジネスは
ものづくりで生きていく日本でふさわしくないと思っており
好きではありません(笑)。
[PR]
by u-number9 | 2006-10-30 20:18 | ニュース
今日は実にすがすがしく気持ちのいい晴天でした。
まさに野球日和ということで、練習試合をやりましたが、
2-2の引き分け。勝てなかったものの、楽しくプレーできました!!

エース不在、レギュラークラス3名不在でした。
しかし、2本柱になってもらいたいピッチャーが力投しました!

相手チームの荒いバッティングにも助けられましたが、
粘り強く、四球も少なめ。とくに追い込んでからの
スライダーが切れて、重要なポイントで多くの三振を取りました。
これからもあれくらいのピッチングができれば心強いですね。

守備陣は、思いがけない選手が安定した内野守備をみせてくれて
びっくり!!思った以上に実践に強いことがわかり、守備範囲や
スピードはまだまだですが、期待できます。

一方で、課題も露呈しました。
期待の5番バッターはいまだ火を噴かず、淡白な打撃が目立ちます。
また、外野のポジション確保を目指している選手も
守備はまだまだ。打球判断ができていません。
これから一緒に練習していきたいですね。

個人的には、3打数1安打、1盗塁。打撃の調子は悪くありませんが
引っ張りにいって凡打した2打席は反省です。
守備には満足(笑)。暴投への反応もよくて後逸もなく
なによりも2点で抑えられたので。
盗塁も企画させなかったのは、偶然かもしれませんが
イニングの合間のセカンド送球を(肩は痛いのですが)必死にやっている
成果かもしれません(笑)。・・・おっと、走塁ミスしたことを
忘れてました!反省、反省。

11日も練習試合を予定してます。楽しくプレーしたいですね。

*助っ人にきてくださったAさん、ありがとうございました!
[PR]
by u-number9 | 2006-10-28 21:12 | 草野球

癒されます。。。part2

今週は疲れたなあ。。。

いつもと違う、セブンイレブンのWプリンです(笑)
c0041473_21101168.jpg

[PR]
by u-number9 | 2006-10-27 21:10 | 日常

日本ハム、日本一へ!

北海道へ本拠地を移転して3年目、
ファンと選手が一体となった日本ハム、優勝おめでとう!
本当に素晴らしい戦い方でした。

日本ハム勝利の理由は様々かかれています。
数字を並べれば、勝ったから当然ともいえる数字が見えます。
先発投手、中継ぎ投手らの防御率。
1、2番の出塁率や犠打数。クリーンナップの本塁打数や打点数。
これらは正直興味がありません。

私は日本シリーズ前に、注目したコラムがありました。
第249回 勝負の掟 涙にひそむ敗北の影 二宮清純

勝負のあやというのは、本当に微妙なものであって
そこには運や偶然の要素がからみあって、大きな流れになると思います。
上記のコラムで、二宮さんは優勝直後に泣いた落合監督に注目し、、、

>優勝直後のインタビューで男泣きした。あれで好感度がアップしたという声もある。
>だが、あえて言いたい。男は泣いちゃダメだ。勝負師は泣いちゃダメだ。
>隠れて泣くのならまだしも、人前で涙を見せては絶対にいけない。
>その時点から破局は始まる。これが勝負の掟(おきて)だ。

精神論のようなものかもしれませんが、非常に興味深いです。
勝負の世界は厳しいものですから。
[PR]
by u-number9 | 2006-10-27 20:43 | プロ野球
私が感じるPalmやPocketPCの唯一の弱点、
それはOfficeファイルの編集にあります。

Word,Excel,PowerPointなど閲覧は問題ありません。
PDA上でファイルを作成して、PCで加工や修正することも
問題ありません。

しかし、PDA上で扱えるWordやExcelの機能には制限があるため
ちょっと複雑な様式のファイル(ヘッダー、フッター、表のようなものが組み込まれているもの)
を編集して保存すると、オリジナルの様式が壊れてしまいます。
たとえば、Wordの会社の定型報告書の様式をPCからPDAにコピーし
出先でPDAにて入力し、PCに戻して打ち出すと、文字に問題はありませんが
様式が崩れてしまって報告書の体裁が悪くなっていると言うわけです。

それをカバーするために売られているソフトが
Document To Goです。(詳細はこちら
これは、上記の問題をPCと同期させることで解決しており
PC上の特定のフォルダ内のファイルがPDA上で編集されると、
PDAとPCを同期した際に、PC上のファイルに編集部分が反映するというものです。

これは便利ですが、通信機能が向上したPDAで、
編集したOfficeファイルをそのままの様式を崩さずに、
メールで送りたいといったニーズには答えてられません。

ところ、このDocument To Go Ver9では
>Because of this, making sure the complex formatting and layout of your original desktop documents are maintained, once they've been edited on the smartphone, becomes all the more important. This is why InTact Technology was developed and built into Documents To Go. By making sure that your desktop documents and the formatting associated with them are always kept to their original form, you can be completely confident in using your files on your smartphone and never have to worry whether the original has been compromised.

InTact テクノロジーとやらで、様式情報を維持できるようになったそうです!
これでPDAがほとんどのビジネスマンがPCでやりたいことを
カバーできるというわけです。

惜しむべきは、PalmOS,Symbian版はありますが、
WindowMobile5版などが無いため、W-ZERO3で使えないのです。
私はPalmのクリエTH55も使っていますが、通信機能が無線LANしかないうえに
メディアがメモリースティックであり、外部でのファイルのやり取りが
難しいんですよね。。。。

まあ、日本語対応版が出てから考えましょう(笑)。
[PR]
by u-number9 | 2006-10-25 21:43 | モバイル
日本シリーズ、中日VS日本ハムは面白いですね。
いい選手とプレーが目白押し。
稲葉選手のホームランは、150kmの中里選手のストレートを
イメージしていたはずなのに、初球の低めのカーブをどんぴしゃで
とらえたもの。すばらしいバッティング!!感動です。

その中でも気になったのは、日ハムの中継ぎエースの武田久投手。

プロ4年目の28歳。駒沢大学から日本通運を経て2002年ドラフト4位で日本ハムに入団。
過去2年は右膝の故障で活躍していませんでしたが、今シーズンブレイクし
何と75試合に登板、5勝3敗3セーブ防御率2.09。
公称170cm(おそらく168cmくらい)と小柄ですが、全身を使って
(とくにステップ幅はものすごい広さ)投げ込むストレートは清原選手をして、
パリーグ一の切れといわしめます。
シーズン中も西武カブレラ、ソフトバンクズレータに真っ向勝負を挑んで三振させています。

とくに、手首の使い方がユニークなためか
インコースのストレートがホップします。アウトコースのストレートより
インコースのシュート回転気味のストレートが浮き上がるような感じです。

オーバースローですが、ステップ幅が広くて、背が小さいために
リリースポイントが非常に低い。そこへホップするような軌道が
加わって、打者が驚くようなストレートとなるのでしょう。

スピードガンの数字だけでは分からないもの。
打者だけが分かる凄さ。
野球って面白いですね。
[PR]
by u-number9 | 2006-10-24 21:51 | プロ野球
ソフトバンクモバイル、月額2,880円で同社同士の通話が無料になるプラン

10月24日からはじまる、「モバイルナンバーポータビリティ制度」。
携帯電話の番号を変えることなく、キャリアを変更できるという
制度です。

日本のように、高性能の端末をタダ同然で安く売り、
(インセンティブが販売店に入ります)
高い通話料やパケット量、コンテンツで稼ぐというスタイルが
どう変わっていくかが、興味があります。

個人的には、ZERO3という端末が好きなので
全く変更する気がありません。というか、PHSなので関係ありません(笑)

さっそく、この制度の施行を前にソフトバンクが
auとNTTドコモのすべての料金メニューや割引プランと同条件で、そこから200円引き
・他社であっても長期割引の引き継ぎ
・他社の値下げには、24時間以内に対抗

さらに「予想外割」として
・ソフトバンク同士の通話料は無料
・SMSのメール代は0円
・基本料金は加入から2か月間は無料
・パケット定額も加入から最大2か月間は無料
・基本料金、ソフトバンク同士の通話、SMS無料などを含めた月額2,880円のプランを設定

といった爆弾を炸裂させてました。

ただ、これで料金戦争が起こっていくのか疑問です。
基本的にはナンバーが変わると困るというようなケースは仕事で
使っている携帯の場合であり、プライベートはメールの方が重視されるのでは
ないでしょうか。ですので、安易に乗り換えをするような人はわずかな気がします。
(シェアが変動するほど変化があるかなあ?)

キャリアだけが、大騒ぎして消費者は意外と落ち着いているのでは
ないでしょうか。
[PR]
by u-number9 | 2006-10-23 22:39 | モバイル

夫婦喧嘩は犬も食わない

<雑記帳>先に怒るのは妻、先に謝るのは夫 夫婦げんか調査

第一生命経済研究所のアンケートで、夫婦喧嘩の調査が行われたそうです。
なになに、、、

対象は、全国の30~60代の既婚男女約800人。
夫婦げんかで妻側が先に怒り出すと答えた人は43%。
夫が先に怒ると答えた人より6ポイント高く、
仲直りでは「妻側が先に謝る」は13%で、「夫が先」(30%)の半分以下だった。世代別で最もけんかをしているのは30代で、若い人ほど女性優位の傾向が表れた。
 
ええー、先に怒り出すのは90%くらい奥さんでは?
先に謝るのも90%くらいだんなさんでは?(笑)

我が家では2ヶ月に1度くらい大きな喧嘩をします。
きっかけは、奥さんの怒りや文句(その原因は私らしいですが)です。
2-3時間のバトルで終結します。いいところはその場で解決させて
後には引かないところでしょうか。

いずれにしろ、夫婦喧嘩は犬も食べません。
怒らせないようにしないとだめですね!!
[PR]
by u-number9 | 2006-10-23 21:44 | 日常

解説者の妙

中日ドラゴンズVS北海道日本ハムファイターズの第二戦。
現在は8回裏、2-5で日本ハムリードしています。
日ごろ見れない選手が見れて、楽しいですね。

試合も楽しいのですが、それを盛り上げる解説者の存在も重要です。

日本の中継は喋りすぎ、結果論ばかり、精神論ばかりと
面白くない解説者が多いのですが、第一戦の山田久志氏の
解説は面白かった。

川上投手VS小笠原選手では、場面と川上投手の調子から
初球の入り方だけで、その後の配球を完全に読みきりました。
(初球インコースから入り、その後は全て外角のシュート。四球になりました)

また、ダルビッシュと鶴岡の若手バッテリの
井上選手への追い込み方から、こうすべきだと言い切ったところ
山田氏の発言と逆の攻め方をしたバッテリーはタイムリーを喫っしました。

山田氏は無駄なおべんちゃらは一切言わず、聞きやすい声で
明確に状況を解説、戦略を予測します。実に分かりやすく、的確です。

変なゲストは要らないので、静かな実況者と的確な解説者が2人いるだけで
野球中継は十分だと感じました。

ちなみに、好きな解説者ランキングがこちらに掲載されてましたが、
ちょっと私の趣味と大きく違うなあ。。。(笑)
[PR]
by u-number9 | 2006-10-22 21:49 | プロ野球