野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー

<   2005年 05月 ( 38 )   > この月の画像一覧

がんばれ、ノリ!

ノリ、3ラン2発

3Aに落ちていた中村(紀)選手が、打ちまくっています。
18試合で打率3割5分8厘、24打点。なんと10HR!

彼のここ数年の言動は?がつくものが多く、
マイナー落ちの際も、日本復帰をほのめかしましたが
切れずに頑張っているようです。

打ちまくってメジャー関係者にどんどん
アピールしてください!!
[PR]
by u-number9 | 2005-05-31 12:16 | プロ野球

功労者の引きどころ

長嶋さんの「顔見せある」

長嶋茂雄氏のプロ野球での功績は絶大だと思います。

現役時代は世間の注目を一心に浴びる巨人の4番をつとめ、
その天真爛漫なキャラクターは多くの人に愛されました。
監督となっても日本一を経験してます。

球界はそんな彼を利用しつくし、あらゆる問題を
彼を前面に出すことでスポイルしてともいえます。
監督としての力量には大きな疑問があり、巨人は
FA問題やドラフト問題の全ての中心となっていましたが、
人気でごまかしていた感があります。
それは五輪においても、監督として就任させることで
プロ、アマチュアの存在意義といった問題や
銅メダルで終わってしまった事をうやむやにしてしまいました。
(実際は中畑氏が代理を行いましたが)

球界、巨人、マスコミ、ファンはそろそろ長嶋氏を解放したらどうでしょうか?
新しい改革が進み始めた球界に彼は必要ありません。
これを機に身を引いてもらうのもよいのでは。
もう彼の人気に頼るのはやめるべきではないでしょうか。。。。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-30 22:19 | プロ野球
5点/10点

解説: 富野由悠季が総監督、原作、脚本、絵コンテを担当した劇場3部作の第1弾。ほぼ1年の歳月を経て作り上げた壮大な物語と映像はファン必見。なおテーマ曲は若者に大人気のGacktが歌っている。

ストーリー: 地球連邦政府とジオン公国の大規模な宇宙戦争から10年弱がたった。ユニバーサル・センチュリー0087。地球に住む人々とスペースコロニーに住む人々との確執は続いており、人々の魂もいまだ地球の重力から解放されていなかった。
(ヤフームービーより)

20年前のTVアニメ、Zガンダムの劇場版です。
ベースはTVの1話~13話までを再編集、新しいカットを追加しています。
個人的な感想としては、何とか話をまとめていることは認めるが
ベースがTV版となっているなら、TV版の雰囲気や
映像を大切にすべき。台詞の変更や新しいカットに違和感が強い。

それにしても、20年も経つTVを編集し、20分(?)程度の
カットを追加して、そこそこお客が入ったらおいしい商売かもしれません。
ちなみに、それを3作公開するでしょうから、儲かりそうです(笑)

私は懐かしさにつられて見ましたが、
リアルタイムで見た事がないであろう若者が多数いた事に
驚きました。ガンダムは凄いマーケットですね。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-29 19:39 | 映画

バトミントンの魅力

来週末に会社の人たちとバトミントンを
やることになりました。
そこで、本日シャトルを買いに行きました。

バトミントンと聞くとレジャーのイメージがありますが、
これが本当にハードなスポーツ。
我慢比べに近いほど体力が必要ですし、
戦略はまさに詰め将棋。
何手も先を読みながらショットを打つ必要があります。

スマッシュの初速は360kmを超え、
ドロップは20km程度。この凄まじいほどの緩急は
野球の比ではありません。瞬発力と反射神経をも
研ぎ澄まさなくてはいけません。
しかし、この緩急に対応できるようになると
実に面白いスポーツなのです。

私は大学4年生から修士2年まで、
それから社会人3年目から5年目までバトミントンをやっていました。
大学時代は経験者の先生方と週に2回。
社会人時代は地域のバトミントンクラブに入り週に2-3回。
基礎からじっくりやったわけではなく、ひたすら経験者と試合。
ですので実力はたかがしれてます。

しかし、会社の人たちとのバトミントン程度でも
血が騒いでしまいます(笑)。
c0041473_19151320.jpg

久しぶりですが、ラケットも欲しくなります・・・
[PR]
by u-number9 | 2005-05-28 19:15 | 日常
5.5点/10点
1961年、米ソ冷戦の最中、ソ連国家首脳部は原子力潜水艦K-19の処女航海の艦長にアレクセイ・ボストリコフを任命した。副艦長には経験豊富なミハイル・ポレーニンが就き艦は出航。この2人の意見はしばしば対立するが、K-19は次々にテストを成功させていった。困難なテストを乗り切り乗組員たちは束の間リラックスする。しかしその直後、新たな任務の遂行中、艦内の冷却装置のひび割れが判明する。原子炉は過熱し始め、このままでは炉心の溶融が避けられない。ボストリコフはじめ乗組員は、大惨事をくい止めるべくひとつの決断を下すのだった。
(ヤフームービーより)

潜水艦映画といえば、個人的には『Uボート』『レッドオクトーバーを追え』
などを思い浮かべます。潜水艦という限られた空間の中、いつ押しつぶされる
かもしれない水圧の中、敵艦と交戦する・・・
というのが定番だったのではないでしょうか。

本映画では敵らしい敵は一切出てこず、恐怖の対象は
冷却装置の壊れた原子炉と、愛国心むき出しの厳格な艦長役の
ハリソンフォードです。
アクション映画を見ようと思っていた人にはとても退屈かもしれません。
個人的にはハリソンフォードよりもリーアム・ニーソンが演じた副艦長の
描き方が好きで、艦長のやり方に反発を覚えながらも規律を守り、
最後にはお互いに敬意を覚えるという人物に共感を覚えました。

映画として可もなく不可もないというところです。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-27 20:10 | 映画

タフネスケータイ!

最強のケータイ、よみがえる - タフネスケータイG'zOne、折りたたみで復活

KDDI、沖縄セルラー(au)は、JIS保護等級7相当の耐水性能と、優れた耐衝撃性能を備える折りたたみ型携帯電話「G'zOne TYPE-R」(カシオ)を7月下旬から発売するそうです。なお、WINではなく「CDMA 1X」。

こういったコンセプトが明確な携帯は好きです!
まさしくアウトドアの好きな方、仕事上フィールドワークの多い方にはうってつけ。
私の友人K氏はとても喜んでいました。

耐水性はJIS規格がありますが、耐衝撃性は規格が無くあくまでau社内規格をクリアしている程度らしいのですが、他の記事では「立って操作しているときにコンクリート上に落下させても大丈夫」とのこと。

ゴツゴツしたデザインですが、統一感がありますし
円形のサブ液晶も結構イケているのではないでしょうか。

購入された方は是非とも水に沈めて、壊れないかを
確かめて欲しいですね(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-05-27 13:07 | モバイル
PDA用PocketLingo辞書は私も持っていますが、
その南山堂医学辞典のi-Mode対応(utn対応)のサービス
始まったそうです。

私はステッドマン医学辞典をつかっていますが
(これはPocketLingoではありません)
南山堂医学辞典の評判はいいです。
しかし、i-modeで使う人がいるんですかね。
それも月額1050円。

医療現場で働く臨床医、研究医、看護師、薬剤師、医学部生が
対象と書いてありますが、
病院内で勤務しているような方はもちろん携帯電話は使えないでしょうから、
対象は医学部学生だけだと思います。
もちろん、病院外で使いたい方はOKでしょうが。

しかし、長期間つかうならば
辞書を買ったほうが特でしょう。300円程度にしたら
割安感があってユーザーが増えそうです。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-26 21:47 | モバイル

NHK、がんばりましょう

「事実確認が不十分」と高校に謝罪=「プロジェクトX」でNHK

プロジェクトXについては完全に
企業の広告塔になってましたし、関連の書籍・商品で
NHKのドル箱となっていました。
この件だけではなく、実際と違うというのは
多数噂にのぼっていました。

さらに近年は、これがプロジェクトX!?というような
ネタもありました。

基本的には逆境を跳ね返すというパターンなので
逆境や成果を誇張しがちになるかと思います。

番組制作当時がどういう精神で作製していたのか
わかりませんが、本当のドキュメントを作ろうと
思っていたならば原点に戻ったほうがいいですね。

そうそう、NHK自身が不祥事から立ち直るという
プロジェクトXを企画してドキュメントにしたらどうです?(笑)
もちろんやらせなし!
[PR]
by u-number9 | 2005-05-25 21:18 | ニュース

怖いもの見たさ!?

このような記事を見つけました。(ネタばれ注意です)
帰ってきた・・・週間買っとけ!DVD
第174回:数分に1度「はぁ?」と叫ぶ問題作
これぞ悪魔のDVD!?「デビルマン」


永井豪氏原作のデビルマン(マンガ)は
リアルタイムでは読んでいませんでしたが、
大学生くらいのときに古本屋でみつけ、その内容に
衝撃を受けました。

アニメ版とは全く違う
『人類VS悪魔』を人間の醜さを引き立てながら
描いており、その衝撃的なラストシーンは驚いたものです。

というわけで、少しばかり思い入れがある
デビルマンが昨年映画化されました。私は見ていませんが
この上記の記事を読むと・・・・

『フヨフヨと飛んできた光が当たったことでいきなりデビルマンに変身』
『明は異形の姿を驚くこともなく、「「俺デーモンになっちゃったよ」と平然』
『KONISHIKI演じるデーモンが登場し「サタン様バンザーイ」とたどたどしく叫んで蜂の巣に』
『原作では、近代兵器をもろともしないデーモンが銃でバタバタと殺され、「デビルマンいらないじゃん」と唖然』

ようするに、とんでもなくチープで根本的にズレた映画らしいです(笑)

ここまで酷評されると、怖いもの見たさで
鑑賞したくなります。
学生時代に『不味い』けど『ボリュームだけとんでもない』食堂に
試しで行ったことを思い出します。

みなさんも
何事も怖いもの見たさの興味ってありませんか?
[PR]
by u-number9 | 2005-05-24 20:23 | 映画

au、夏のランナップ

au、テレビチューナー搭載など夏モデル5機種発表

発売されるのは、
三洋電機製「W32SA」、カシオ計算機製「W31CA」「A5512CA」、
東芝製「W31T」「A5511T」です。

注目される機能は3つ。
「EZテレビ」「安心ナビ」「聴かせて検索」とのこと。

「EZテレビ」・・・ボーダフォン携帯にしかなかった
TVチューナーがauにも搭載されました。
ちょっと違う点は、TVを楽しみながら、番組BGMなどの着うたフルが
ダウンロードできるらしい。TVみながら、ダウンロードする
人がいるんでしょうか?(笑)

「安心ナビ」・・・GPSを利用して家族などの居場所を確認できる。
・・・微妙な機能です。子供に持たせるべきでしょうか?
それ以前に子供にこんな高機能携帯電話を持たせるでしょうか?

「聴かせて検索」・・・街中に流れる音楽などを携帯電話に
聴かせることで楽曲検索ができるそうです。
・・・私には絶対に不要な機能です。

これらの全ての携帯にはメガピクセルカメラが搭載しています。
つくづく、携帯電話の高機能には驚かされます。
ちょっとユニークな機能としては、A5512CAが約80dBの
大音量を鳴らせる「ホットブザー」という防犯ブザーを搭載していること。
女性にはいいかもしれませんが、満員電車の中で
誤操作して鳴らしてしまうような事が無いことを祈ります(笑)。

いずれにしろ、携帯に搭載される機能は尽きませんね。。。。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-23 21:27 | モバイル