野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー

<   2005年 02月 ( 56 )   > この月の画像一覧

魅惑の薬

【MLB】ステロイド問題に揺れる球界を救うのは、イチローの4割挑戦?

「このところステロイド使用問題で揺れるメジャーリーグ界に
一番効果的な薬がベースボールの試合そのものである」

ちょっと考え方が、甘くはないですか?
メジャーリーグは自らの襟を正すべきです。もっと
厳しい処分を考えるべきです。(処罰についてはこちら(スポーツナビより)

一部の選手がドーピングをしていたのは間違いなく、
経営側が黙認していたのも事実でしょう。
ドーピングした選手がホームランを連発、ヒーローと
なって集客する。経営側は儲かる。選手の給料が上がる。。
(ストライキで減少していた、観客を戻すことにも
役立っていたでしょうね)
そこには、負のサイクルがあったはずです。

しかし、プロフェッショナルを標榜する以上
そこにドーピングは介在してはならないはず。アマチュアだろうが
プロであろうが、武器は己の肉体と技術です。

なぜドーピングがいけないのでしょうか?
副作用で苦しむのは自分だけであると、誰にも迷惑はかけない。。。という
言い訳もあるかもしれません。
また、じゃあ赤血球を増やし心肺機能を向上させる高地トレーニングは
どうなの? ビタミンなどのサプリメントはいいじゃないか?と。

確かにドーピングの線引きが難しいグレーな物も多いでしょう。
ですが、自己責任では片付けられないのは、
スポーツが文化であるという側面があります。文化である以上
それは社会の倫理感を含有して、社会の一端を担う必要があります。
スポーツにおける教育的な役割も一つかもしれません。
そう、そして現在の私たちの倫理感では、それはNOなのです。

議論を深めていき、誇るべき文化を創っていきたいですね。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-28 20:29 | プロ野球
どなたかのMioMapレビューを心待ちにしているのですが、
なかなか出ません(笑)。まあ、2003SEへのアップデートで
本体が戻ってきていない方がほとんどなようなので、仕方ないかも
しれませんね。

で、現在の情報を繋ぎあわすと、、、

・ルートと異なる道を走ってもルートを再検索してくれるので助かる。
・案内の音声も聞き取りやすい。
・ルート検索結果では「おや?」と思う結果のときもある
・市街区はもう少し細かい地図があっても良いと思う。
ジオキャッシング Mio活用日誌より

以下、Mio MapサポートBBSより
・Mio Map日本語版の全国地図データは約576MBです。それに住所検索データが全国で約50MBほどありますので合計約630MB(計算合わない?ボンヤリト記憶している値なので参考まで)です。地域的な地図切り出しを行うとその地域の地図データと住所検索データのみが保存されますので地図、住所検索データサイズは変わります。ちなみに東京23区程度の地図データであれば本体メモリに保存できるはずです。MioMapに添付されるMapcutter(地図切り取りソフト)に各地域(関東、関西等)と各都道府県のおおよそのデータサイズが確認できますので切り取時の参考にして下さい

・地図の切り出しは基本的に四角形で切り出す形になります。ただし各地方(関東、関西、東北等)や都道府県の領域はテンプレートが設定されていますので各領域はメニューから選択することで切り出し領域を選択できます。また、より小さい領域は対角線上に選択し切り出します。この時住所検索データも選択した範囲が切り出されるようになっていますのでMio168(RS)本体メモリに地図データを保存する時などデータサイズを最小限にする事が可能です。因みにMio Mapが利用する地図データはメモリカード(Storage Card)が優先され、メモリカードに地図データが無い場合には本体内メモリの地図データを参照します。

・徒歩モードでは最短約30Km以上までは検索出来ることを確認しています(企画上では休みなしに30Km以上距離を歩く人はいないだろうという想定でこの様な仕様・・・

・Mio Mapには「スポット情報」機能があり、任意の位置をMio Map上に登録する事ができます。入力はMio Map地図上の任意の地点を直接選択するか、またはCSV形式(MS EXEL等で作成可能)のデータベースを作成し、スポット情報にインポートする事もできます。スポット情報は必修事項として東京測地系の緯度、経度、名称が必要です。オプションでコメント等も記載できます。
ただMio Mapは道路ルートナビゲーションソフトなので各地点での詳細地図は装備していませんし、道路情報にいたっては可視情報としては「線」情報のみが登録されています(道路ネットワークデータとして道路種別等の情報は登録されていますがユーザがこのデータを直接見たり操作する事はできません)。

・ローカルスポットは理論上メモリの許す限りとなっていますがimrさんが指摘しているように数が多くなるにつれMioMap自体のパフォーマンスが低下してしまいます。ローカルスポットはCSV形式のテキストファイルですからExcelなどのアプリで使いやすく並べ替えや分類など工夫する事ができると思います。後はローカルスポットのインポート機能がありますから、事前に分類した複数ファイルを用意してインポートする事もできます(ただしローカルスポットの一括削除はないので登録数が大きくなりすぎると前にも述べたようにパフォーマンスが落ちてしまいます。)

・Mio Mapは道路地図(ルートナビゲーション)主体のデータで交通規制情報に沿った形でルートを設定します。基本的にはカーナビ等で使われているデータと同じ物が元になっていますので自動車モードでルート設定した場合カーナビと同じように自宅近辺の路地等交通規制情報が無い道路ではルート設定は行いますが交通規制情報データがある道路までは音声案内は行いません。この辺はカーナビが目的地よりもかなり手前で「目的地周辺です、音声案内を終了します」と同じような処理になります。徒歩モード、自転車モードでは開始地点から目的地まで音声案内を行います。

おお、使用レポートも出てますね!!
なんともいえませんが、数回の方向案内ミスがあるのかあ。。。。
ちょっと気になりますねえ。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-27 17:06 | モバイル
巨人VS楽天のオープン戦が中継されてました。
巨人も楽天も野手はほぼレギュラーで固めてます。
(楽天はネームバリューではレギュラー候補といえる選手)
その中で新人選手の印象を紹介します。

・三木均投手(八戸大学-巨人)
フォームは野中(元阪急・中日)に似ています。
大崩はしないコントロールがあり、先発・ロングリリーフ向き。
ストレートがシュート回転しているので、注意が必要。
カーブがいいです。ナックルは変化が早いためか
簡単に見送られます。ウイニングショットの変化球に課題があると
思います。

・渡邉恒樹投手(NTT東日本-楽天)
ストレートの切れ・投球リズムが生命線の投手。
コントロールは良いと聞いてましたが、意外とアバウトです。
この程度だと先発は辛いかもしれません。ロングリリーフでしょうか。
真ん中近辺のカーブ、スライダー待ちで打たれてしまいます。
もっとスクリューをバッターの左右にかかわらずに投げないとダメです。

・内海哲也投手(2年目 巨人)
もっと見たかった(笑)。
左腕をテイクバックの時に突っ張ってしまっています。
肘が充分に使えていない、、、壊してしまいそうな気が。。。

開幕までに時間があるので、新人選手には頑張って欲しいです。

それにしても、巨人のレギュラー陣の顔ぶれは、相変わらず凄いですね。
小久保選手が不在でも充分迫力あります。
楽天の1番関川選手(元中日)、2番飯田選手(元ヤクルト)という
打順は疑問ですね。(まだオープン戦ですけど)
二人とも四球を選ぶタイプではなく、特に飯田選手は巧打という
印象があるかもしれませんが、淡白なので2番は長所も消してしまいそうです。
シーズンが始まれば高須選手あたりに落ち着くかもしれません。
山下選手、森谷選手にはレギュラー取って欲しいなあ。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-27 16:27 | プロ野球

はじめての冒険

今日は、青山にある絵本が中心の子供向け書籍・おもちゃの
専門店に行ってきました。
姪っ子の誕生日プレゼントにいい物がないかと探したわけです。

そこには、子供の頃に読んだ「ぐりとぐら」「白いうさぎと黒いうさぎ」
といった絵本や、「ずっこけ3人組シリーズ」があったりと
懐かしい空間でした。

その中でも、特に興奮してしまったのは
「江戸川乱歩 少年探偵団シリーズ」!!

明智小五郎探偵と少年探偵団の小林少年らが、
怪盗20面相(のちに40面相)が引き起こす、怪奇な事件を
解き明かすというストーリー。

当時、このシリーズが小学校の図書館に多数あり
次から次へと読みあさりました。確か、話の舞台が昭和30年代くらい
なので(?)、怪奇な犯罪の設定がピッタリでした。
さらに、準主人公の小林少年らがもっている探偵グッズにも
憧れたものです。覚えているものでは、ラジオのアンテナのような
伸び縮みする金属製の棒-落とし穴に落とされたときに、
天井の上蓋を跳ね上げるのに使ってました(笑)。

おそらく、今でいう「名探偵コナン」みたいに流行ったと思います。

本を読む楽しさ、本の中で冒険を味わうことを教えてくれたのは
このシリーズです。
まだ売れているならば嬉しいですね。(表紙は改訂されたみたいですね)
c0041473_212153.jpg

[PR]
by u-number9 | 2005-02-26 21:03 | 書籍

臨床試験とPDA

■ palmOne, IncとPHT社,20,000台の臨床試験ハンドヘルドを配備
palmOne, IncとPHT社が,昨年2004年度の臨床試験現場向けのハンドヘルドの出荷台数が2万台となったことを発表しています。
2000年から現在まで,PHT社は,Palm OSデバイスを使った4万台以上のLogPadシステムを世界48各国に出荷しているそうです。PHT社は,palmOne, Incの最大のヘルスケア分野の顧客で,m500, m515, Tungsten W/T3などのハンドヘルドを使ったLogPadシステムを開発しています。(Palm Fanより)

日本のお医者さんでもpalm好きな方はかなり
いらっしゃいます。また、かなり古い記憶ですが、
北里研究所病院の臨床開発部門でCRC(治験コーディネーター)の
方がクリエを使っているという記事を読みました。

臨床開発に携わる仕事している立場として
このように積極的にPalmを使ってくれたら、さぞたのしいでしょうね(笑)

DrやCRCが患者さんと向かい合いながら、すばやく多くの情報を
確認していく必要のある臨床開発の現場ではとても有効だと
思いますよ。

うちの会社でも開発しないかなあ、そうしたらそちらに
異動したいな(笑)

*臨床試験:薬の候補を患者さんに同意の元に、有効性と安全性を試験すること
[PR]
by u-number9 | 2005-02-25 20:23

小魔神として

佐々木紅白戦で1回を無安打無失点
全盛期の佐々木投手はまさに大魔神に相応しい活躍でした。

150Kmのストレートとストレートの軌道に近い、落差の
大きいフォークボール。
コントロールはアバウトだけど、カウントを整えられないような
悪さではなく、真中近辺で力強いストレートとフォークでカウントを
整えて、最後はフォークと。
近代野球の申し子として、勝っている試合の9回限定の
使われ方をしてましたが、それでも防御率0点台、40Sをあげるのは
化け物です。

しかし、時期が早いとはいえスピードがないですね。調子が上がって
来ても142-3kmってとこでしょうか。やはり、ストレートが衰えると
大活躍は望めません。

今の佐々木投手は以前、広島・日ハム・巨人で活躍された
金石投手にダブります。ストレートは140km程度、コントロール
された大きなフォーク、テンポのよさで交わしていくというスタイルです。

佐々木投手は以前のようなスタイルでは厳しいでしょうから、
金石スタイルで頑張ってもらいたいです!!
[PR]
by u-number9 | 2005-02-25 08:19 | プロ野球
ウィルコム、PHS同士の音声通話定額制導入報道についての一部報道に、詳細は未決定とコメント

ほほー、ウイルコムさんはこんな事も検討しているんですか!
KDDIの呪縛から解き離れて、攻めてますね。
でも、私の周りでPHS使っている人は一人もいませんね。
定額通話の意味は全くないです(笑)。

むしろ、データ通信の高速化サービスを、エアエッジセンターを経由した
通信に限定しないでやって欲しいなあ。
私みたいに京ぽんで自分のプロバイダー経由で
メールしたり、ブラウズしている人は
高速化の恩恵を全然受けてないですからね。技術的に無理かな?
(ちなみに私はネット25)

やっぱり、京ポン2では
128K(4×パケット)データ通信、100万画素級カメラが
ついていて、もっさりしてないことを希望します。

**************
ちょっと追加します。バッテリが異常なくらい長持ちしてほしいです(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-02-24 21:38 | モバイル

ブロガーの苦悩(3)

最近の文章、記事を引用するにしても
長いし、ちょっとヘンだし。。。。反省します(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-02-24 12:56 | 日常
企業価値の維持で決断 (産経新聞050224より)

ニッポン放送が新株予約権という新たな手法でフジテレビの完全子会社となる選択をしたのは、「企業価値の維持」と「マスコミとして担う高い公共性の確保」(亀渕昭信社長)のためだ。

 通常は株主が変わっても会社の価値が大きく変わることは少ない。しかし、亀渕社長は「ライブドアが親会社になった場合はフジサンケイグループからの支援がなくなり、企業価値が下がる」と説明する。

 ニッポン放送は、子会社であるポニーキャニオンとの音楽・映像事業やフジテレビと組んだイベント事業などを展開し、その収益にはフジサンケイグループの総合力が大きな貢献をしている。「こうしたイベント事業のほとんどはフジサンケイグループの共催や主催。それらがなくなるだけでも大変なダメージだ」(亀渕社長)という。

 また、公共性の確保という観点も今回の決断のポイントだ。亀渕社長は「ライブドアによる当社株式の大量取得の手法は、透明性と公平性を確保すべしという公開買い付け規制の趣旨に明確に違反すると考えており、このような手段を躊躇(ちゅうちょ)なく用いるライブドアが、当社の支配株主となることは、マスコミとして担う公共性と両立しないと判断した」と話す。

 今回のフジサンケイグループの対抗策は、あくまでも企業防衛が目的で、仮に株式公開買い付け(TOB)が不調に終わった場合でも予約権行使により、ニッポン放送の株式の過半数を握ることができる万全の体制を目指したといえる。

 三月二日に設定されたTOBの期限を待たず、今回の決定を行ったことに対し、ライブドア側は予約権の発行差し止めの仮処分を申請する可能性が強いが、フジテレビの日枝久会長は「われわれは受けて立ちます。司法の場で、(ライブドアによるニッポン放送株の取得方法などを含め)全体として判断されるだろう。それを問いたい」としている。

******************
ライブドア堀江社長のニッポン放送株取得問題ですが、泥仕合の
ようになってきました。
個人的には、堀江社長を応援したくなります。
子供の意見のようですが、大きな既存勢力に向かっていくの姿は、
凄いなあと思うわけです。政治家や経団連のお偉いさん方にも
叩かれて孤立無援で戦っているわけですから。(笑)

もちろん、堀江社長のような手法を肯定するわけではないので、
そのへんはご理解を。

上記の記事に対していくつか疑問があります。

「企業価値の維持」・・・
今後、サンケイグループとライブドアが手を組んで
新たなメディア産業や、新規事業を起こせば、価値が維持されるどころか
上がる可能性だってあるはずです。

そこのリスク-ベネフィットを見積もったかが非常に怪しい。
単にライブドアなんて、と馬鹿にしている雰囲気があります。
この業務提携をよく検討しないのは、一般投資家を無視していることにも
なるのでは?単にダダッ子が「あの人は嫌い!」って叫んでいるみたいです。

「マスコミとして担う高い公共性の確保」・・・
じゃあ、現状でどのような公共性を担っているの?
また、それを確保するためにどんなことをやっているの?
また、産経新聞は新規株予約券の大量発行という
非常にグレーな手法の是非を言及していないし、
ニッポン放送自体、躊躇せずにこんな手法をつかっているでは
ないですか(笑)。マスコミ失格でしょ。
さらに、フジは、視聴率偏重で害悪となるような番組を
垂れ流しにはしていないのか?

ニュース番組を放送さえすれば、公共性を担っているの?
っていいたくなります。

まずは、ニッポン放送・フジ-ライブドアでよく意見交換をして
経営上の提携をできるかを検討して下さい。
そしてお互い妥協点を見出して、落しどころを見つけていくのが、
本当の経営者ではないでしょうかね。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-24 12:44 | ニュース

魔球養成ギブス!

西武に新兵器「カーブ養成ギプス」が登場

面白い記事を見つけました。
カーブと聞くと、変化球の基本みたいなイメージがありますが
実際にはプロ野球でさえも、操れる人は僅かなんでしょうね。

実は、変化球も時の流行があって、80年代はSFF(スプリットフィンガー
ファストボール)、90年代はフォーク、2000年になって
チェンジアップ、カットボールが流行ってきてます。
これには多分にメジャーの一流投手の影響があると思います。

そのなかでもカーブは操るには特に難しい球のようです。
スライダー、フォークは投げられるけど、カーブは投げられないという
ピッチャーをよく聞きます。

カーブが他の変化球と根本的に違うのは、手首の角度です。
スライダー、シュート、カットボール、フォーク、など大部分の
変化球はストレートと同じ手首の角度で、リリースの時に
ひねる、抜くなどするだけです。

しかし、カーブにおいては、リリースは手の甲や小指の方向
をキャッチャ-に向けて投げます。根本的にストレートとは
全く投げ方が違うのです。そして、一流の投手は手首の角度こそ違えど、
この全く投げ方の違う球種をストレートと同じ手の振りで
投げるのです。。(星野投手(元阪急)はさらに
親指ではじいてスピンをかけていたそうです)

カーブには他の球種同様に、カウントを取る、決め球につかう
のですが、大きな異なる効果があります。
スピードを殺したカーブには、チェンジアップと同様の効果が
あり、投球にメリハリ、いわゆる緩急をもたらします。
また、他の変化球がストレートと同じ軌道で変化するのに
対して、タテのカーブは1度高く上がってから落ちるように
見えるのです。ストレートと思ってみていると、視線を上に
あげなくてはならない、視線を惑わすのです。

プロのバッターは化け物です。たとえ150km/hのストレート
だろうが、真横にすべるスライダーだろうが、繰り返し単調に
投げると間違いなく打ち返します。

カーブはその精密機械であるであるバッターを
わずかに狂わすのです。
そして、一番効果的なのは上記の特性をすべて含んだ、
ストレートと球速差の大きいタテのカーブになるわけです。

現在のプロ野球で、カーブの使い手というと
工藤投手(今はタテのカーブではないかな)、桑田投手(G)、川上投手(D)、
佐々岡投手(C)、パウエル投手(Bu)らが思い浮かびます。彼らに特徴的なのは
完全なオーバーハンドであることです。そう、タテの大きなカーブを
使えるのはいわゆる正統派オーバーハンドの投手ともいえるでしょう。

逆をいえば、現在のプロ野球の投手はスリークオォーターの
投げ方が多いのでしょうね。
また、このカーブは大人になるほど習得が難しくなるようです。

私たちの草野球レベルでもカーブの凄さを実感するようなケースが
あります。

そう、カーブは魔球なのです。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-23 18:39 | プロ野球