野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画( 85 )

グエムル/漢江の怪物
ストーリー: ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に、謎の怪物“グエムル”が現れ、次々と人を襲う。河川敷で売店を営むパク家の長男カンドゥ(ソン・ガンホ)の中学生の娘、ヒョンソ(コ・アソン)も怪物にさらわれてしまう。カンドゥは妹ナムジュ(ペ・ドゥナ)らとともに病院に隔離されていたが、携帯電話に娘からの連絡が入ったことから一家で脱出を試みるが……。


ある意味、すごい映画が公開予定です。
謎の怪物「グエムル」が人をたべまくり、実の娘をさらわれた父親が
奮闘するという話です。
これがとてもユニークらしいです。(こちらのサイトに紹介されてます)

まずは突っ込みどころ満載らしいストーリー

・謎の怪物グエムルは人を食べまくるくせに、何故か主人公の娘はさらうだけ。
・さらわれた娘の父親が超人的活躍するかと思えば、全然ダメ(笑)
・何故か途中から警察も軍隊も居なくなってしまう。

さらに、怪物のCGは凄まじい出来栄えなのですが、
これは全てハリウッドへの外注(笑)。そのクセ映画は反米丸出しで
、実はこの怪物は在韓米軍の不法廃棄物が原因で
発生したという設定!!(笑)
映像とストーリーのアンバランスが爆笑をさそいそうです。

実は韓国映画は見たことがないのですが、
これは実にそそります。。。。いや、誤解の無いようにいえば、
怖いものみたいさという感じです。
チャレンジ精神の豊かなどなたか、是非とも観賞してくれませんか?(笑)
[PR]
by u-number9 | 2006-08-30 22:28 | 映画
昨日は北海道へ日帰り出張。
相変わらず使えない会社PCは行きの羽田空港、出張先の病院のそば、
帰りの千歳空港に向か途中のたった3回のメール受信だけで、力尽きました(笑)。
まったく、このスタミナの無さにはあきれてしまいます。
早実の斉藤君のスタミナを見習って欲しいです(笑)。

で、まったく仕事ができなくなってしまい、
帰りは相棒W-ZERO3で映画三昧でした(笑)
***************************
エイリアン3 6.5/10点
エイリアン4 5.5/10点

エイリアン3
アチェロンから脱出した救命艇は突発事故により惑星フィオリーナ161へ不時着。ひとり生き残り労働矯正施設に収用されたリプリーは、その星が過酷な環境にある監獄星である事を知った。事故の原因を究明しようとするリプリー。実は救命艇内部にはエイリアンが潜んでおり、囚人の飼い犬の体を借りて新たな姿へと成長していたのだ。逃げ場もなく、武器すらない状況下でエイリアンとリプリーの最期の死闘が始まろうとしていた……。

エイリアン4
『ロスト・チルドレン』のジャン・ピエール・ジュネがメガホンを握った、人気SFシリーズ第4作。独特のビジュアル・センスを持つジュネ監督の、ゴシック調の映像美が秀逸。シガニー・ウィーバー、ウィノナ・ライダー共演。前作でエイリアンを宿したまま自殺を図ったリプリー。それから200年後、エイリアンを軍事利用しようとする軍部は、宇宙船に残されたDNAからリプリーのクローンを開発。彼女の体からエイリアンを摘出し、養殖をはじめる。


さすがにエイリアン1.2と比較すると
数段劣ってしまいます。

両作品に共通して言えるのは、
しかし、いつまでリプリーを引っ張るの?と言いたくなるところ。
また、エイリアンとの闘いがマンネリにみえて、一切緊張感が
感じられない-話に矛盾があるような気がしてならない。。。という
問題があります。

エイリアン3については舞台設定はユニークだと
思いますが、クイーンエイリアンに寄生されたリプリー、
このエイリアンがなかなか成長が遅いのが不思議。
そういう設定かもしれませんが、釈然としない。
また、全シリーズ中最も特撮がしょぼい。

エイリアン4についても同様。
クローン技術で復活するリプリー(8世)。何故かエイリアンの
特性を持っており、攻撃的、血液酸性、怪力です。
さらには生前の記憶が残っている。
クローン復活を許しても、なんでこうなるの?と突っ込みたくなります。
さらに、クイーンエイリアンが生殖無く人型エイリアンを
出産しますが、、、、、これがHGギーガーさん無視の
笑ってしまうデザイン。。。。

ちょっと批判的になってしまいますが、これも
エイリアンシリーズという映画史に残る作品の一環として
ハードルの高い証拠。

両作品を通じて、やっぱり映画は脚本が8割占める!と
痛感しました。
[PR]
by u-number9 | 2006-08-26 10:05 | 映画
エイリアン ディレクターズカット 9点/10点

地球への帰途についていた宇宙貨物船ノストロモ号は、謎の救難信号を受けて未知の惑星に降り立つ。そこには異星人の船があり、船内には無数の奇怪な卵が存在していた。卵から飛び出した奇妙な生物が顔に貼り付いた航宙士ケインを回収し、ノストロモ号は再び航海につくが、彼の体内にはすでに異星生物の幼体が産みつけられていたのだ。ケインの腹を突き破り姿を表したエイリアンは脱皮を繰り返し巨大に成長、一人また一人と乗組員を血祭りにあげていく……。

エイリアン2 完全版 8,5点/10点

 91年にアメリカでLD企画として、劇場公開時にカットされた17分を追加・再編集した完全版。ノストロモ号事件唯一の生存者、二等航海士リプリーが眠るシャトルは57年の後にようやく発見されゲッタウェイ・ステーションに回収された。エイリアンの存在と危険性を会社に訴えるリプリーを驚愕の事実が襲う。今やアチェロンと名付けられたあの惑星LV426は数十家族が移り住み植民惑星となっていたのだ。そしてアチェロンからの連絡が途絶え、リプリーの危惧は現実のものとなった。宇宙海兵隊と共にアドバイザーとして宇宙船スラコ号に乗り込んだリプリーは再び悪夢の星へと旅立つのだが……。

風祭さんから借りたエイリアン1、2続けざまに鑑賞しました。
いやー、1に関しては27年前、2にしても15年前の作品ですが、
驚くべき完成度。

特に1については、今見ても全く違和感のないディティールと
静と動を激しくコントラストをつけた演出、そしてなんといっても
驚きのストーリー、まったく文句のつけようのない作品です。
HGギーガーのエイリアンの造型も素晴らしい。

ディレクターズカットとして追加されたシーンはいくつか
ありますが、気が付いたのは
ノストロモ号の中で、エイリアンがつくった巣にダラス船長が
捕らえられており、「殺してくれ」と懇願するシーン。

2についても、侮るなかれ。
1のエイリアンの世界を違和感なく踏襲して、物語を
うまくつなげています。また、1とはあえて差別化をはかり
多数のエイリアンとの激闘をうまく映像化しています。
また、海兵隊員の個性もうまく描き、エンターテイメントで
ありながら、とてもバランスが取れています。

こちらの主な追加シーンは、
リプリーに子供がいたが、長いハイパースリープの
間に亡くなっていたというシーン。
また、LV426の入植者たちが化石化した宇宙船から
エイリアンを持ち込んでしまうシーンが追加されています。

それにしてもCG技術がない、もしくはあまり発達いていない
ころの作品ですが、素晴らしい映像をみせてくれます。
すごいなあ。
[PR]
by u-number9 | 2006-08-20 19:48 | 映画
7点/10点

今日は家内の看病(?)でお休みしました。
夕方に、せっかく休んだからどこかでかけたら、と
言ってもらったので1人で映画を観ました。
(順番的には最近観たMi3の感想がまとまっていないので
こちらを先に紹介します)

この映画、ストーリーがB級丸出しですが
丁寧なつくりとシチュエーションが素晴らしく、
マイナーさを考慮し、高評価です!正直怖かった(笑)

ストーリー
ケイビング(洞窟探検)中に落盤事故で出口をふさがれた6人の女性たちが、謎の生物と死闘を繰り広げるサスペンス・ホラー。監督・脚本を『ドッグ・ソルジャー』のニール・マーシャルが手がけ、本作で英国インディペンデント映画賞最優秀監督賞を受賞した。『CODE46』のナタリー・メンドーサ、『マグダレンの祈り』のノラ=ジェーン・ヌーンらイギリスの実力派女優が出演。極限状況下で展開される地獄のサバイバルに最後まで目が離せない。
(ヤフーより)

洞窟探検は閉所恐怖症の方は観ないほうがよいかなと
思うような息苦しさが表現されていて、素晴らしい。
洞窟探検中のトラブルだけでも恐ろしさが演出されており、
謎の生物(笑)がでなくても、十分面白いかもしれないです。

問題は後半。ロードオブザリングにでてくるゴラムそのものの
ような地底人(?)が強襲してきて、あっと言う間に
凄まじいスプラッター映画になります。

これには賛否両論ありそうですが、映像や演出に
スピード感があって、私はありかなと思いました。
むしろ、このよく分からない地底人にB級テイストが詰まっています。

いずれにしろ、洞窟探検・地底人襲来のそれぞれが
怖く(グロテスクさ含む)、製作者の意図に入り込める作品では
ないでしょうか。

マイナーさもふくめて、7点!!
[PR]
by u-number9 | 2006-08-09 22:09 | 映画
小松左京氏原作の「日本沈没」は、ベストセラーとなったと
同時に映画かもされた作品であるが、近々スマップの草なぎくんと
柴咲コウさんでリメイクされます。
本屋には「日本沈没」のマンガなどが販売され
リメイクを盛り上げようとしています。

原作「日本沈没」は高校生の時に読みましたが、
面白かった!日本を襲う未曾有の地殻変動を扱っていますが
テーマとしては国家とは?民族とは?日本民族のメンタリティや
行く末を示したものです。

30年前の映画も今見ると、ゴジラ映画?と思うような
特撮ですが、小林桂樹・丹波哲郎・藤岡弘・いしだあゆみ・二谷英明
といったすばらしい俳優陣で、重厚さを感じさせてくれました。

果たして、今度の「日本沈没」はどうでしょうか?
CGによる特撮技術の向上は期待されますが、
「愛する人を救えますか?」といったキャッチコピーや
柴咲コウの設定が女性のレスキュー隊員などという?の設定を見ると
頼むからイメージを怖さないで欲しいと思ってしまいます。

劇場で見ることはないですが
思い入れのある小説や映画のリメイクは気になるものです(笑)
[PR]
by u-number9 | 2006-07-02 16:22 | 映画
7点/10点

1933年に製作され、映画史に残る伝説的作品となった『キング・コング』を、
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソン監督が現代版に
リメイクしたアクション・アドベンチャー超大作。主演は『戦場のピアニスト』
のエイドリアン・ブロディと『21グラム』のナオミ・ワッツら演技派俳優が
顔をそろえる。特に、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでCGキャラクターの
「ゴラム」を演じたアンディー・サーキスふんする「キング・コング」の名演は
要チェックだ。(ヤフーより)

ヒットしなかったものの、リメイク作品、アクション映画
としては意外と評価が高かった本作品。
噂にたがわず、面白かったです。

何といっても最高に近いCG技術を活かした
コングを含めたふんだんな未知の生き物たち。
いずれも違和感無く且つリアルに再現されており、驚きです。
それだけではなく、完全に再現した1933年のニューヨークを見るだけでも
一見の価値があります。

また、その脅威の映像をすばらしいアングルで
すばらしいアクションシークエンスを見せるのは
やはり監督の腕ではないでしょうか。

個人的には大量の節足動物、環形動物が
出てきたシーンが好きですね。気持ち悪くて(笑)
強いて問題があるかなと思うのは、3時間という
長さではないでしょうか。

コングが出てくるまで、登場人物の背景を細かく描いたのが
時間が長くなった原因かも。これは好みが
分かれるかもしれません。

いずれにしろ、キングコング圧巻です。
[PR]
by u-number9 | 2006-06-11 20:56 | 映画
6.5点/10点

ストーリー: ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった
(ヤフーより)

木曜日に軽い風邪を引きたいなんて記載したせいか、
金曜日は頭痛がひどかったです。(笑)
やはり健康一番です。

さて、注目のダ・ヴィンチ・コードを見てきました。
私は原作読後鑑賞組ですが、あれだけ情報量の多い話を
よくまとめたなという高評価です。

まあ、2時間半もの長い映画なので
腰が痛くなったり、若干眠くなったのは事実です(笑)

とはいえ、物語の雰囲気はすばらしく、
映像も良かったと思います。

ヨーロッパでのマスコミ向けの試写会での評判が悪くて
大丈夫かなと思いましたが、そんなことはありません。
原作が売れたために、必要以上に注目を浴びすぎてますが
正直、原作はB級ミステリーであるため(私見)、
映画にこれ以上何を望むのかなという気がします。

予備知識の無い方も何とかついていけるレベルの
映画だと思いますが、展開が速いので疲れるのは間違いないでしょう。
[PR]
by u-number9 | 2006-05-27 21:21 | 映画

モナリザ狂想曲

「ダ・ヴィンチ・コード」最多863スクリーン公開

注目のダ・ヴィンチ・コードですが、
全国約3000スクリーンのうちの約29%の、863スクリーンで
公開しているそうです。

昨日の夕方にチケットが取れそうだったので
見ようと思いましたが、家内がくずったのでやめました。

キリスト教を根底から揺るがす「スキャンダル」が暴かれていく物語。
一部、海外では上映自粛や抗議運動など波紋を広げているとの
ことですが、少なくとも小説を読む限り、かなりの珍説をエンターテイメントと
して扱っているので、恐らく映画を見ても真実だと思う人は少ないのでは
ないでしょうか。火をつけてしまうだけですから、関連団体さんは静観したほうが
いいかなという気がします。
(よっぽど、JFKとかドキュメンタリー的でリアリティを感じました)

映画のできに関しては、あまり芳しくないようです。
公開前からこれだけ煽っているので、そこそこは売り上げるでしょうが、
すぐに皆の記憶から消えてしまうのでは。

・・・といいながらも、原作を読んだ私はとりあえず見ます(笑)
[PR]
by u-number9 | 2006-05-21 20:55 | 映画
以前、ヤフーで配信されていた「新世紀エヴァンゲリオン」を
観てしまった話を書きましたが、最近yahoo動画や映画が
かなりグレードアップしているようです。

特に映画の方は、ペイパービュー方式で比較的新しい作品を、
見放題コースでは毎月100作品以上(古い作品)の
配信を始めています。(ヤフームービー「オンラインシアター」)

ペイパービューでは「チャーリーとチョコレート工場」といった
最近の作品が367円(24時間)!
レンタルより安いですし、返却も不要ということで
お徳感があります。古めの作品は315円でした。

また、見放題コースでは1ヶ月997円。
「2010年」「逃亡者」「スフィア」「スーパーマンシリーズ」
など、メジャー作品を含むいろんなジャンルの旧作が
あります。

まあ、画質が悪い、大きなTVで見れない、○ピーできない
といった問題もありますが、作品が揃えば手軽さから
レンタルの市場を一部取り込んでしまうのではないでしょうか。

ただし、鑑賞環境の条件の1つとして(推薦)
CPUPentium 1.5GHz以上
メモリ512MB以上
があります。
。。。こりゃあ、今の我が家では無理か(笑)
[PR]
by u-number9 | 2006-05-13 20:52 | 映画
9/10点

解説: スタントマンの起用、ワイヤー・ワーク、CG、早回しによる編集を一切排除し、迫力満点の本物のファイトで見せる、ムエタイ・アクション・ムービー。タイの興業収入記録を塗りかえ、各国映画祭で絶賛された大ヒット作。国技・ムエタイを武器に戦う男ティンを演じたトニー・ジャーの華麗な技は見逃せない。 (ヤフー)

komuさんが紹介していた映画トムヤンクンを
みるため、主演のトニージャーの1作目、「マッハ!」をみました。

いあー、度肝抜かれました(笑)。
間違いなく、ここ10年くらいの格闘技映画の最高傑作でしょう!
ストーリーなんて気にしないで見ることをお勧めします。

何といっても主演のトニージャーの動きは
人間離れしています。
そのスピードと柔らかさ、切れは若き日の
ジャッキーチェンを超えているかもしれません。

ムエタイの足技、膝、肘の使い方といったら
それこそ芸術で、そんな技ができるのか!と驚きます。
(ムエタイのパンチはイマイチですが(笑))

また、自分の足に火をつけるなど
体の張り方が(無駄に)凄い。
プロジェクトAで時計塔から落下したジャッキーを
彷彿させます。

映画自体はアングル、演出やメリハリに
拙さを若干感じますが、このスタッフの映画に対する
情熱を感じました。

敬意を払って、9点!!
[PR]
by u-number9 | 2006-05-11 21:32 | 映画