野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ニュース( 175 )

斜陽の帝国

ソニー次期社長会見「エレクトロニクス復活に立ち向かう」

ソニー製品、ソニーという会社自体にはさほど入れ込みはない私です。
しかし、クリエを使っていた事からソニービルを見学に行ったこともありますし、
他のメーカーよりはこういうニュースには興味が湧きます。

PS2では市場を確保した感はありますが
ハード自体の売上は頭打ちに近いような気がします。
それを打破しようとしたPSXもコケました。
PSPは売れているようですが、初回ロットではドット落ちなど
いろいろクレームも多かったようです。

デジタル家電でも、液晶のシャープ、HDレコーダーの東芝など
(←私のイメージです)完全に負けてしまってます。
まちがいなく、日本ではブランドではありませんねー。

記事の中にも、
>中鉢次期社長は「エレクトロニクスの復活なしに、ソニーの復活はない。今の難局に立ち向かいたい」と決意を表明した。ソニーの現状については「消費者の視線が欠けていた。消費者の望むモノを届けるという当然の営みに緩みがあった。商品力が低下している感は否めない」との厳しい認識を示した。

とあります。なんか納得しちゃいますね。異常にMSにこだわったり
製品としてはよくてもインターフェイスや付属ソフトの使い勝手が悪かったりと
消費者の使い勝手を練ったというにはほど遠いものが上市されてました。

いつか、アッ驚くような製品を期待しましょう!
それがモバイル端末だといいですが(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-03-08 08:28 | ニュース

カラ残業を許すな

カラ残業9000件超す 大阪市、2003年度

先ほど、税務署で医療控除の申請をしてきました。
もうどうでもいいですが(笑)。

大阪市職員、ひどいもんです!

以前TV番組で、大阪市庁舎のある部署において、
職員全く残業していない事をVTRに納めたのち、
その当日の残業申請に関する書類を請求し確認したら、
残業が申請されていた、という放送をしていました。
完全な事実なんでしょうね。

これははっきり言って、刑事罰に処するべきでしょう。
もちろん、慣例で続けていたのでしょうが
それを一般常識と突き合わせて判断できないような
管理職は必要ありません。

大阪市民はもっと怒ったほうがいいです。

いまの私はお金にうるさいです(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-03-07 12:47 | ニュース

民主化へGO!

民主化達成へ国別行動計画 米、圧政終結目指し法案

アメリカの「民主」原理主義ってスゴイですねえ。
冷戦時代なんて、独裁国だって支援していたのに。
まあ、日本もおこぼれ(北朝鮮)は受けられそうですけど。

この国の二元論的な発想は怖いと思いますね。。。。
(自国の利益だけは優先しますが)
[PR]
by u-number9 | 2005-03-04 12:51 | ニュース

「ちびくろ・さんぼ」

差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎

絶版騒ぎが起こった当時を思い出します。
幼い頃に読んだ絵本だったので、
「そんなも(差別性の強い)本かなあ」と感じた記憶が残っています。

国内外の団体からの圧力や
当時の日本の政治家などの差別発現が世論を
盛り上げて、結果として廃刊になりました。

差別には敏感であるべきです。無意識の差別があるのも
事実でしょう。(モノや制度)
が、悪意の有無・影響力もよく検討することが大事でしょうね。
無意味な言葉狩りもしかりです。

よりよい社会を作っていきたいものです。
[PR]
by u-number9 | 2005-03-03 08:31 | ニュース
企業価値の維持で決断 (産経新聞050224より)

ニッポン放送が新株予約権という新たな手法でフジテレビの完全子会社となる選択をしたのは、「企業価値の維持」と「マスコミとして担う高い公共性の確保」(亀渕昭信社長)のためだ。

 通常は株主が変わっても会社の価値が大きく変わることは少ない。しかし、亀渕社長は「ライブドアが親会社になった場合はフジサンケイグループからの支援がなくなり、企業価値が下がる」と説明する。

 ニッポン放送は、子会社であるポニーキャニオンとの音楽・映像事業やフジテレビと組んだイベント事業などを展開し、その収益にはフジサンケイグループの総合力が大きな貢献をしている。「こうしたイベント事業のほとんどはフジサンケイグループの共催や主催。それらがなくなるだけでも大変なダメージだ」(亀渕社長)という。

 また、公共性の確保という観点も今回の決断のポイントだ。亀渕社長は「ライブドアによる当社株式の大量取得の手法は、透明性と公平性を確保すべしという公開買い付け規制の趣旨に明確に違反すると考えており、このような手段を躊躇(ちゅうちょ)なく用いるライブドアが、当社の支配株主となることは、マスコミとして担う公共性と両立しないと判断した」と話す。

 今回のフジサンケイグループの対抗策は、あくまでも企業防衛が目的で、仮に株式公開買い付け(TOB)が不調に終わった場合でも予約権行使により、ニッポン放送の株式の過半数を握ることができる万全の体制を目指したといえる。

 三月二日に設定されたTOBの期限を待たず、今回の決定を行ったことに対し、ライブドア側は予約権の発行差し止めの仮処分を申請する可能性が強いが、フジテレビの日枝久会長は「われわれは受けて立ちます。司法の場で、(ライブドアによるニッポン放送株の取得方法などを含め)全体として判断されるだろう。それを問いたい」としている。

******************
ライブドア堀江社長のニッポン放送株取得問題ですが、泥仕合の
ようになってきました。
個人的には、堀江社長を応援したくなります。
子供の意見のようですが、大きな既存勢力に向かっていくの姿は、
凄いなあと思うわけです。政治家や経団連のお偉いさん方にも
叩かれて孤立無援で戦っているわけですから。(笑)

もちろん、堀江社長のような手法を肯定するわけではないので、
そのへんはご理解を。

上記の記事に対していくつか疑問があります。

「企業価値の維持」・・・
今後、サンケイグループとライブドアが手を組んで
新たなメディア産業や、新規事業を起こせば、価値が維持されるどころか
上がる可能性だってあるはずです。

そこのリスク-ベネフィットを見積もったかが非常に怪しい。
単にライブドアなんて、と馬鹿にしている雰囲気があります。
この業務提携をよく検討しないのは、一般投資家を無視していることにも
なるのでは?単にダダッ子が「あの人は嫌い!」って叫んでいるみたいです。

「マスコミとして担う高い公共性の確保」・・・
じゃあ、現状でどのような公共性を担っているの?
また、それを確保するためにどんなことをやっているの?
また、産経新聞は新規株予約券の大量発行という
非常にグレーな手法の是非を言及していないし、
ニッポン放送自体、躊躇せずにこんな手法をつかっているでは
ないですか(笑)。マスコミ失格でしょ。
さらに、フジは、視聴率偏重で害悪となるような番組を
垂れ流しにはしていないのか?

ニュース番組を放送さえすれば、公共性を担っているの?
っていいたくなります。

まずは、ニッポン放送・フジ-ライブドアでよく意見交換をして
経営上の提携をできるかを検討して下さい。
そしてお互い妥協点を見出して、落しどころを見つけていくのが、
本当の経営者ではないでしょうかね。
[PR]
by u-number9 | 2005-02-24 12:44 | ニュース