野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9

2007年 10月 28日 ( 1 )

「ゆとり教育」方針転換

「授業減らしすぎた」中教審が異例の反省

>中教審は1996年、それまでの詰め込み教育への反省から、
思考力や表現力といった学力と、他人を思いやる心などを「生きる力」として提唱。
現行の学習指導要領は、この「生きる力」の育成を教育目標に掲げ、
小中とも授業内容を3割削ったり、総授業時間数を1割近く減らしたりした

・・・まあ、過激になりつつあった受験戦争から
脱却したかったと思いますが、結局11年もゆとり教育を
してしまったわけです。もう少し早く検証して、
方向転換できなかったのでしょうか。

この「ゆとり教育」といったこと自体が
ある種の「イデオロギー」であるのは間違いないようで
そういう観点では、中教審などにまかせずに
教育のように将来の国力に影響するような大問題は
国が方針を示すべきでしょうね。

きっちり責任を取りなさい、といいたいです。
[PR]
by u-number9 | 2007-10-28 17:31 | ニュース