野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9

2007年 09月 02日 ( 1 )

広島カープの前田選手が、18年目でついに2000本安打を
達成しました。

広島カープでは山本、衣笠、野村選手に続いて3人目。
広島はいい選手を育てますね。

高卒2年目でレギュラー定着。この時点ですでに.280をマークする
打撃を披露します。そして翌年にはすぐに.300をマーク。
ここから年々打率をあげながら、ホームランも量産。
チャンスに強い中距離打者として地位を確立し
プロ野球球界の中でも天才と称されるようになります。

中日の落合監督も若い福留選手に、
「お前が参考にしていいのは、前田だけだ。」と
その打撃には一目置いております。

また、2000本安打のインタビューからは想像もつきませんが
若い頃の打撃職人っぷり(変人)は伝説になっています。

いままで理想の打球は?と問われて
「ファールでならあります。」と答え、
スワローズの左投手のストレートを平然と見逃し三振し、
「あんな球打つ気にならん。プロの球でない。」とバッサリ。
右足のアキレス腱を断裂したあとは
「いっそのこと、左足のアキレス腱も切れればいいんです
(バランスが取れる」と。(笑)

本人も言っていましたが、アキレス腱断裂の前は
「自分がどこまで成長できるか楽しみだった」。
ファンもそうでしたね。

2000本おめでとう!
[PR]
by u-number9 | 2007-09-02 20:40 | プロ野球