野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー

2007年 01月 31日 ( 1 )

24シーズン1を見ました。
えっ? 時代遅れですか?(笑)

貸してくださった風祭さん、ありがとうございました。
観るペースが遅くてスミマセンでした。

(ストーリー)
大統領候補者暗殺計画。(午前0時-午前0時) カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の24時間が舞台。
午前0時、アメリカ合衆国で初めての黒人の大統領候補・デイビッド・パーマー議員が、今後24時間以内に暗殺されるとの情報が入る。また、CTUの内部に裏切り者がいることも示唆される。ジャックの高校生の娘、キムが、パーマー暗殺計画グループに誘拐され、キムを探していたジャックの妻・テリーも、後に誘拐される。パーマー議員の息子が過去に犯した殺人という政治的スキャンダルが問題となる。議員を守るはずのジャックが、犯人に娘と妻を殺すと脅迫され、議員暗殺の実行犯に仕立て上げられる…。(Wikipediaより)

最初の感想としては、、、
あそこで終わるのは反則でしょう!という感じです。
これはシーズン2を観るしかないです(笑)

何といってもこの作品はストーリーの24時間を
1時間ずつ1話としたオリジナリティが評価できます。
必然的に、一人に焦点を置くことは困難なので(移動もあるので)
群像劇(グランドホテル形式)になっています。
そこも魅力のひとつでしょうか。

主人公のキーファー・サザーランドは
映画俳優としては「スタンドバイミー」で有名になりましたが、
以降は不遇というか、影が薄くて
私は、どうも彼のお父さん(ドナルド・サザーランド)と同様に
彼には「小悪党」のイメージがありましたが、
この作品で完全に、ジャックバウアー=キーファー・サザーランドが
確立したようです。もしかしたらTV向きの俳優かも。

24時間というオリジナリティに反してしまいますが、
短い時間でこんな展開はないだろう、とか
また捕まったのかい!と突っ込みどころは豊富です。
また、最後の最後のどんでん返しで
ストーリーに若干の破綻をきたした感が否めません。

とはいえ、日本のドラマは一切みたいと思いませんが
観たくなるようにうまく作ってありますね。
[PR]
by u-number9 | 2007-01-31 20:44 | 映画