野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9

2005年 11月 19日 ( 2 )

6点/10点

解説: アニメーター出身の鬼才ティム・バートン監督が、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『ジャイアント・ピーチ』に引き続き挑んだブラックユーモアたっぷりのファンタジーアニメ。声優陣には、ゴールデンコンビとして知られるジョニー・デップや監督の妻でもあるヘレナ・ボナムカーターらを迎え、人間とゾンビの奇妙なラブストーリーを描く。全編をとおして昔ながらの「コマ撮り」で撮影された映像は、最近のアニメーションにはない深い味わいがある。

ストーリー: 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。(yahooより)

家内の希望で見に行った映画です。
(ジョニーディップのファンです)

チャーリーとチョコレート工場もヒット中の
ティムバートンとジョニーディップのコンビの作品。
流行のCGを使わず、針金を骨格にした人形を
1秒間に24コマと言うわずかずつ動かす「コマ撮り」を
して撮影している。

何と言ってもこの映画で目にいくのは
独特のデザインで完成度の高い人形の出す
雰囲気と動きの素晴らしさ。暗くアクの強いデザインで
あるにも関わらず、何となく親しみを感じられるのは
CGには無いものでしょう。
動きについても、唇の動きから髪の毛の揺れといった
細かいところまで気を配っているのは驚嘆です。

ストーリーは不思議なラブストーリー。
少しだらけてしまうところもありますが、
まずまずと言ったところ。
万人向けの映画ではなく、子供は退屈するでしょう。

ティムバートンの世界観と職人気質を楽しむ
映画かもしれません。
[PR]
by u-number9 | 2005-11-19 22:38 | 映画
3点/10点

解説: 『マネートレイン』のジョセフ・ルーベン監督が描く衝撃のスリラー。主演はジュリアン・ムーア。音楽は映画音楽界の巨星ジェームズ・ホーナーが担当している。親と子の強い絆からある真実が明らかになるまでを、ダイナミックに描いた作品。

ストーリー: 9歳の息子を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、ある日写真やアルバムから息子の姿が消えていることに気がつくが……。(yahooより)

かなり脚本がぶっ飛んだ映画でした(笑)。

飛行機事故で一人息子のサムを失ってから14ヶ月。
主人公のケリーはショックから立ち直れず精神科医に
かかっていた。しかし、サムが生きていた証の写真や
ビデオが無くなっており、周囲の人たちもサム存在の記憶が
無くなってしまった。。。。その理由が何と宇宙人の実験!!!
勘弁してください(笑)

宇宙人が原因でもいいのですが、もう少し
説得力がなければ、小学生でも納得できません。
母親と子供のつながりを研究したかったって?

素人2人を2度も3度も逃がしてしまう上に、
素人にとっつかまって脅されるだけで真実を白状する
軟弱な国家安全保障局員。
宇宙人の不思議な能力(突如人間を遙か彼方にぶっ飛ばす)
を受けない主人公。
真実を知っている一精神科医。あまりに都合が良すぎ。

映画の出来は70%は脚本で決まります。
あまりに説明不足で説得力が無いと視聴者は
ついていけません。なぜごんな映画を?という作品。
うーむ、ヤフーで1.7点ってのも納得
[PR]
by u-number9 | 2005-11-19 22:12 | 映画