野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2005年 05月 19日 ( 1 )

昨夜のソフトバンクvs巨人2回戦は7-1でソフトバンクが
勝ちました。途中からTVで観戦していましたが、
投打にソフトバンクが圧勝したと言える内容でした。

ちょっと気になったのが、解説者が「ソフトバンク打線は
迫力があります。」と何度も言っていた点。
巨人の打線もしばし、「史上最強打線」などと形容されています。

川崎選手が復帰し、3番バティスタ以降、松中-城島-ズレータ-カブレラ
と続き、上位もしくは下位に柴原-大村が控える
打線は確かに迫力満点。(バティスタは?ですが)

しかし、今年のソフトバンク打線も悪くはありませんが、
私のプロ野球観戦20年(?)で本当に凄い!と思ったのは
2003年のダイエー打線です。この打線、半端じゃありませんでした。
2003年に交流戦があれば、あの暴力的な凄まじさを
世の人に伝えられたのにと残念に思っています。

2003年ダイエー打線が作ったチーム打撃記録

プロ野球記録は、
・チーム打率 .297(1999年横浜の.294 )
・安打 1461(1950年松竹1417 )
・塁打 2265(1980年近鉄2249)
・死球 74 (1978年南海72)
・奪三振 1126 2002年巨人1087
・同一カード最多得点 242(対オリックス)(2000年日本ハム194(対千葉ロッテ))
・ゲーム20得点以上4度 (1951年巨人3度)
・規定打席以上の3割打者6人(井口、柴原、城島、村松、松中、バルデス)
(1949年阪神、1987年巨人、1996年広島の5人 )
・100打点以上4人(松中、城島、井口、バルデス)

パ・リーグ記録は
・得点 822 (1980年近鉄791)
・打点 794 (1980年近鉄764)

( )は従来の記録

チームに6人の3割打者がいて、そのうち4人が
100打点以上。さらに、1番村松、2番川崎、3番井口が
30盗塁以上!
上記の数字だけでは語れないほどに、
走力、進塁打をからめて恐ろしいほどの繋がりを
見せていたのです。

我が近鉄も相当被害にあいましたが、オリックスは徹底的に
打ち込まれシーズンで242失点。29点も取られた試合があったり、
平均1試合8.6点も取られました。オリックスを打ち負かす姿は
本当に暴力とも感じさせる大迫力でしたね。。。

交流戦、もっと早くはじめて欲しかった(笑)
[PR]
by u-number9 | 2005-05-19 12:09 | プロ野球