野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

戦国自衛隊1549(*ネタばれ注意))

5点/10点

80年代に大ヒットした『戦国自衛隊』を江口洋介主演で平成ゴジラシリーズの手塚昌明監督がリメイクした作品。共演は『血と骨』の鈴木京香、TVドラマ「ブラックジャックによろしく」の鹿賀丈史。自衛隊の全面協力により、かつてないスケールとリアリズムを持つスペクタル・アクション・エンターテインメントに仕上がっている。(シネマトゥデイ)

80年代に千葉真一主演で製作された「戦国自衛隊」は
安っぽかったですが傑作でした。

隊員たちの分裂があり、無残に死んでいく姿、千葉真一と
上杉謙信の友情、そして破滅。。。ドラマを感じました。
また、銃で撃っても撃っても沸いてくるような
武士達にも恐怖したものです。

しかし、この作品ではどれもイマイチ(笑)
せっかく自衛隊の協力を得たんですからねえ、
もっとしっかり作ってくれないと。

間違いなく戦闘シーンはイマイチ。迫力なし。
ストーリーも同様。なんで自衛隊をリタイアした
居酒屋の店長・江口洋介が参加するのか意味がわかりません(笑)
ただし、的場一佐(鹿賀丈史)が織田信長になっていた、といった
部分は驚きました。

俳優では、鹿賀丈史はいい味だしてます。

昭和版の戦国自衛隊が好きだった方は、愛情をもって
観てあげることが大事です(笑)
[PR]
by u-number9 | 2008-02-17 20:42 | 映画