野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

マシニスト、俳優根性みたり!

マシニスト(7点/10点)
極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく。(Yahoo Movieより)

面白かったです!
いや、ストーリーはほどほどに予想できました。
映画の中に、多くの伏線が張られていたので、
多くの観客は迎えるべきエンディングをイメージできたでしょう。

しかし、そんなことよりも
映画が見終わるまで続く、ネットリするような不安・気味の悪さ。。。
工場の機械類、室内の小道具、登場人物から感じさせる
何かのためだと思います。
主人公を不眠症にさせていたものを、私たちも感じていたかの
ようです。

主演のクリスチャン・ベイルはこの映画のために、30kgもの
減量をしたそうです。このことばかり話題になって
いたためか、「映画や演技の出来とは別ものでしょ。」と
気にも留めてませんでした。
・・・が、くぼんだ目の下の静脈、浮かび上がった鎖骨・背骨。。。
弱々しい歩き方・・・全てが映画・演技を恐ろしく際立ててました。
(いやー、本当にやばそうですけど(笑))

生命の危機を感じさせるほどの、減量を試み
狂気の狭間にいる人間の葛藤を演じていた
クリスチャン・ベイル。あんた、プロだよ!座布団一枚!
[PR]
by u-number9 | 2005-02-19 18:42 | 映画