野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ダイハード4.0(映画(*ネタばれ注意))

9点/10点

解説: ブルース・ウィリスが悪夢のような事件に遭遇しながらも知恵と体力を駆使して巨悪と戦い抜く、大人気アクションシリーズ第4弾。ウィリスは人間味あふれる主人公ジョン・マクレーンを演じるほか、製作も兼任。『アンダーワールド』のレン・ワイズマンを監督に迎え、全米を襲うサイバーテロの野望に立ち向かう最強に“運の悪い”男の不死身の奮闘を活写する。閉鎖的な空間での死闘が多かった前作までに比べ、カーアクション満載の豪快なアクションの数々に圧倒される。

おなじみのシリーズ。前作のパート3からも12年が経過し
監督の違いも影響しているのか、細かなカット割や計算されたアクションシークエンスで21世紀の新たな「ダイハード」を感じさせる映画となりました。

何といっても面白い!

パート1のようにたくさんの伏線を張り巡らし、それを
きっちりと回収し、人物描写とアクションの割合が絶妙。。。
という訳にはいきませんが、スケールが大きく且つ視聴者を
飽きさせないアクションをこれでもか!と注ぎ込む脚本は見事としか
言えません。

また、ハッキングが話の中心となるため
PDAなどの小物が多数登場し、デジタルオタクには嬉しい限りです。

そして何より、ブツブツ言いながらも迷いなく立ち向かう
運の悪い男、「マクレーン刑事」の魅力に溢れています。
困難な状況でもユーモアがあり、そして恐ろしくタフ。
今回は父親としての一面も垣間見えます。

文句無く一押しの映画です。
[PR]
by u-number9 | 2007-07-14 21:48 | 映画