野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ハンニバル・ライジング(映画(*ネタばれ注意))

7点/10点

解説: ベストセラー作家トマス・ハリスの生み出した“世界で最もインテリジェントなシリアルキラー”ハンニバル・レクターの過去に迫るシリーズ最新作。監督は『真珠の耳飾りの少女』のピーター・ウェーバー。原作者のトマス・ハリス自身が脚本を手がけ、レクター博士が“人喰いハンニバル”となるまでを描く。主人公ハンニバルを演じるのは『ロング・エンゲージメント』のギャスパー・ウリエル。シリーズの原点ともいうべき衝撃の展開に息をのむ。

実は昨日、貯まりに貯まっている代休を使って
午後お休みをとりました。ちょっとした隙間に休みを
取らないととれないので!
。。。で、こういうときに限って何かが起こります(笑)
携帯電話がジャカジャカ鳴って、3度も呼び出し。
緊急事態だったので、私も3カ所に電話。
何とか片をつけて、劇場に飛び込みました(笑)

。。。私はトマス・ハリスファンということもあって、
採点が甘いかも知れませんが、ヤフーなどの
評価よりもずっと面白くて、良かったと思います。

原作をかなり端折っていますが、ストーリーを
破綻させることもなく、テンポよく出来ています。
脚本がいいな、とおもったら原作者のトマス・ハリスが
脚本も担当していました。

配役もまずまず。若きハンニバル・レクターを
演じるギャスパーは実にいい雰囲気です。
紫夫人のコン・リーだけはアウトですが。。。

ストーリーに不満を感じる人が多いようですが
原作自体以外と簡素な話ですし、こんなものでは
ないでしょうか。

しかし、むしろ私が物足りなく思ったのは、
天才・レクターを感じさせるエピソードがないところ。
原作で、子供の頃から三角法を用いて尖塔の高さを
割り出したり、太陽の位置など周期計算していた
エピソードがありましたが、こんなような天才っぷりを
示すエピソードが欲しかった!
これでは一般視聴者、ファンのいずれも
取り込めないでしょう。

いずれにしろ、映画の出来は悪くありません。
若き日のレクターを見たい人にはお勧めします。
[PR]
by u-number9 | 2007-05-25 20:29 | 映画