野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

代理出産は単純な法律の問題ではない

<代理出産>向井亜紀さんの双子、最高裁が実子とは認めず

法律的観点からだけ判断すると、代理出産を
規定していない民法では、当然の判決でしょうか。

以前、「生殖医療の是非」という記事でも
記載しましたが、非常にデリケートな問題です。

これは、子を産めない親の悲しみ、法律の不備と
いった単純な問題ではないのです。
社会的な大きな問題を抱えているからです。
・生殖医療と倫理の問題
・家族制度の問題
・社会と科学の問題

以前の記事でも記載しましたが、
個人の望みをどこまでも許容していくことが
必ずしも人類・社会の利益ではありません。
子供を産めない人が自身のDNAを残すという自然界での
異常な不自然さは議論に値します。
生殖医療の認める範囲を社会的に規定していくことは重要だと
思っています。

私は、社会的にはまずは養子を向かい入れるのが
自然であって、社会的にも大きな利益になると思っています。
当然、代理出産も社会的な利益がないとは思いません。

多角的にもっと議論を尽くす必要があると思います。
[PR]
by u-number9 | 2007-03-23 22:36 | ニュース