野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

M:i:III (映画(*ネタばれ注意))

7点/10点

ストーリー
トム・クルーズが製作と主演を兼ね、名作TVドラマ「スパイ大作戦」をリメイクした人気スパイ・アクションのシリーズ最新作。第3弾となる今作は、TV界出身の新鋭J.J.エイブラムズが監督に抜擢され、絶体絶命の危機の中でミッションを遂行する敏腕スパイ、イーサン・ハントの活躍を描く。『カポーティ』でアカデミー賞の主演男優賞に輝いたフィリップ・シーモア・ホフマンが、トムを罠にハメる悪役を怪演している点も見逃せない。(シネマトゥデイ)

ミッションインポッシブル1と2の間の出来という感じでしょうか(笑)
1ほどの脚本のできはなく、2ほど酷くない。2で主人公イーサンがワンマンアーミーの
ヒーローと化してしまった反省から、2では一応のチームワークを見せている。

凄い!と思わせるようなアクションシークエンスや画がいくつもある。
(例えば爆風でイーサンが側の車両に叩きつけられるシーン)
にも関らず、全体としてはストーリーやアクションを盛り込みすぎて
破綻をきたしている印象を受けてしまう。
最後までわからなかった、「ラビットフット」とは何か?とか
敵のビルにとんでもないアクションで乗り込んだにも関らず、ビル内での
アクションは一切無く、簡単に出てくるなど。。。。不満や矛盾を感じる部分が多い。

とはいえ、力技(アクション)で観客を魅了してしまうだけの
映画であるのも事実。

こちらもお正月のDVD鑑賞を勧められます。
[PR]
by u-number9 | 2006-12-24 16:57 | 映画