野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

おせち商戦開始!?

本日、渋谷の東急地下のフードショーを歩いていたら
何とすでに「おせち」料理の販売(予約)が開始されており、
彩り豊かな見本が多数並んでいました。
http://www.e109.com/seasongift/osechi/

おせち料理もいつの間にか年末の一大市場と
なり、高級料亭の手作りおせちが高い値段でも飛ぶように
売れるようになっています。

渋谷の東急で見かけたものでは
吉兆 東京店のおせち料理 三段が何と「205800円」!!
PC一台買えますねー(笑)。
しかし、ネットでみるとすでに残り2つ。いくつ受注しているか
わかりませんが、売れているんでしょうね。

おせち料理について調べてみると。。。
・おせち料理が現在のような形になったのは江戸時代の後半
・由来は正月の節供料理で、宮中の「お節供(おせちく)」の行事からきていて、
 節日に神に供えたもの。
・正月の料理も様々なものができましたが、おせち料理の意味や謂れに共通しているのは、
 豊かに暮らせること、一族の繁栄を願うこと。

たとえば、料理にも、ユニークに語呂合わせや願いが
込められています。江戸の庶民文化が反映しているようです。
・黒豆……まめ(健康)に暮らせるように
・数の子……子孫繁栄
・田作り……(江戸時代の高級肥料として片口いわしが使われたことから)豊年豊作祈願
・昆布……よろこぶ
・かちぐり……勝つ

いずれにしろ、わずか200年の文化ですから
どんな形に変わってもいいですが、家族・親戚でワイワイやって
新年を祝うという精神だけは忘れなければいいとは思います。
でも、、、、あまり高価なものもどうかな(笑)

せっかくですから各家の味の文化として受け継いでいくのも
いいことかもしれません。
[PR]
by u-number9 | 2006-11-04 22:58 | 日常