野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

X-MEN3 ファイナルディシジョン (映画(*ネタばれ注意))

7点/10点

解説: 人気アメリカンコミックを映画化した大ヒット・アクションシリーズの第3作。遺伝子の突然変異で超人的パワーを得たミュータントたちを主人公に、人類との共存の道を探る彼らの壮絶な戦いが描く。監督は『レッド・ドラゴン』のブレット・ラトナー。『ヴァン・ヘルシング』のヒュー・ジャックマン、オスカー女優ハル・ベリーらが主人公のミュータントを演じる。シリーズ史上最大級の戦闘が繰り広げられる怒とうの展開に興奮必至だ。

久しぶりに家内との映画です。(家内はヒュージャックマンファンなのです)

これだけの俳優が揃えるのも大変だなあというのが
最初の感想です。
また、相変わらずCGのできは素晴らしく
とんでもない破壊の映像を見せてくれます!
CGの映画の功罪はいろいろあると思いますが、
この手のアメコミヒーロー映画などには必要な技術かもしれません。

1時間45分とダラダラしがちなところを
短めにまとめたのも良いところです。

一方のストーリーですが、これはちょっと・・・
まあアメコミ映画なので細かい突っ込みは厳禁ですが、
ミュータントの能力を奪って、瞬時に人間に戻すことができる
キュアという薬。いくら同じミュータントが産出しているものと
しても、そりゃあ無いだろという感じです。

それに主役級が次々に死ぬのも如何なものでしょう。
どうせ、この後も続編を作るなら生かしてもよいのでは?
無理に復活させるくらいなら、死なせないほうがよいと思います。

ただし、1、2作もろくに活躍しなかった存在感の薄い
サイクロップスがあっさり死ぬのは、よほど重要度のないキャラクター
なのかなと、同情しました(笑)。
[PR]
by u-number9 | 2006-09-17 17:46 | 映画