野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ディセント (映画(*ネタばれ注意))

7点/10点

今日は家内の看病(?)でお休みしました。
夕方に、せっかく休んだからどこかでかけたら、と
言ってもらったので1人で映画を観ました。
(順番的には最近観たMi3の感想がまとまっていないので
こちらを先に紹介します)

この映画、ストーリーがB級丸出しですが
丁寧なつくりとシチュエーションが素晴らしく、
マイナーさを考慮し、高評価です!正直怖かった(笑)

ストーリー
ケイビング(洞窟探検)中に落盤事故で出口をふさがれた6人の女性たちが、謎の生物と死闘を繰り広げるサスペンス・ホラー。監督・脚本を『ドッグ・ソルジャー』のニール・マーシャルが手がけ、本作で英国インディペンデント映画賞最優秀監督賞を受賞した。『CODE46』のナタリー・メンドーサ、『マグダレンの祈り』のノラ=ジェーン・ヌーンらイギリスの実力派女優が出演。極限状況下で展開される地獄のサバイバルに最後まで目が離せない。
(ヤフーより)

洞窟探検は閉所恐怖症の方は観ないほうがよいかなと
思うような息苦しさが表現されていて、素晴らしい。
洞窟探検中のトラブルだけでも恐ろしさが演出されており、
謎の生物(笑)がでなくても、十分面白いかもしれないです。

問題は後半。ロードオブザリングにでてくるゴラムそのものの
ような地底人(?)が強襲してきて、あっと言う間に
凄まじいスプラッター映画になります。

これには賛否両論ありそうですが、映像や演出に
スピード感があって、私はありかなと思いました。
むしろ、このよく分からない地底人にB級テイストが詰まっています。

いずれにしろ、洞窟探検・地底人襲来のそれぞれが
怖く(グロテスクさ含む)、製作者の意図に入り込める作品では
ないでしょうか。

マイナーさもふくめて、7点!!
[PR]
by u-number9 | 2006-08-09 22:09 | 映画