野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アドベンチャーゲームを思い出して

クリスチャンスレーター主演でアローンインザダークという
映画が公開されています。
私はそれが非常に気になっているのですが、それというのも
92年くらいに同名のPCのアドベンチャーゲームが発売されており、
当時プレーする機会がなかったものの、欲しくてたまらなかった
思い出があります。(いわゆる洋モノです。私はパート2をプレーしました)

この映画はまさしくそのゲームを原作にしているのですが、
そのゲームが一部からはゲーム史に残る傑作とされています。

ストーリーとしては、
1924年、芸術家のジェレミー・ハートウッドがルイジアナにある
デルセトの屋敷にてなぞの自殺を遂げる。私立探偵エドワード
カーンビーが古物商の依頼で屋根裏部屋のピアノを調査に行くが、
デルセトの屋敷にはブードゥの恐ろしい呪いと秘密が・・・

といったものでゲーム自体も、バイオハザードのモデルにも
なった映画のような構図のカメラ固定視点で、ポリゴンの
主人公を動かすといった斬新なものでした。

当時のポリゴンは今のように、テクスチャーを貼っていないので
非常に荒いのですが、それが逆に想像力をかきたて
実に味のある映像となっていたような気がします。
私はアローンインザダーク2をプレーしましたが、本当に面白かった。

どういうわけか、私はこういう洋モノのアドベンチャーゲームが好きで
他にも
アウターワールド(SFC)
フラッシュバック(SFC)
プリンスオブペルシャ(mac)
にはまりましたっけ。

これらの共通点は、とにかく簡単に主人公が死んでしまいます(笑)。
死んで死んでゲームを覚えるというもので、苦労しました。

アドベンチャーゲーム面白かったなあ。
[PR]
by u-number9 | 2006-05-20 22:48 | ゲーム