野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

男性からみた痴漢の怖さ

「何で、何度も腰を押しつけるんですか!!」
「こんなに空いているじゃないですか!!」

と、今日の帰りの電車の中でスーツの女性の声が
響きました。

「揺れるから・・・」
「こんなに空いているでしょう!!おかしいじゃないですか!」
「はあ?」
とここで、電車が駅に到着。降りようとする20代後半
~30代前半くらいの男性を、その女性がつかみます
「ちょっと待ってください!!駅員さーん!!」

私はその駅で降りないので、そのまま
電車に乗っていましたが、その男性は駅員さん2人と
女性に囲まれていました。その後は分かりません。。。

電車の中ではその男性と女性の側にいた若者らが
「あれはえん罪だな!」「あんな状況ではあり得ないぜ」
「運が悪いなあ」と話していました。

確かにさほど混んではいませんでしたが、人と人の
間隔は50cmくらい。揺れたらぶつかってもおかしくは
ありません。また、さほど混んでいないため、痴漢をするには
リスクも高いかなと思います。
とはいえ、揺れにあわせてわざとぶつかっていたのかも
しれません。真実は分かりません。

それにしても、電車の中で女性に
痴漢扱いをされたら怖いなあと痛感しました。
というのも、女性の証言のみで判断されそうですし、
自分を守る証拠なんて無いからです。
回りの人間だって、電車に乗って行ってしまうために
証言してくれないでしょう。

一般に刑事裁判などは、告訴する側が
事件を証明しなくてはいけません。
痴漢事件がそうでなければいけないとは
思いませんが、巻き込まれた側が無実を証明
しにくことも考える必要があると思います。

とにかく、怪しい行動は要注意ですね。
満員電車では女性に近づいてはいけません!
それが身を守る手段です。
[PR]
by u-number9 | 2006-05-19 21:57 | 日常