野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

めざせ、名捕手(2)

先日の「NANDA」での捕手特集の続き。

セカンドへのスローイングのスピードアップ方法に
ついて、中日の谷繁捕手のコツを千葉ロッテ里崎捕手が
実践したところ効果があったそうです。

事実、里崎捕手は打撃が良いというイメージですが
(.303 10本 52打点)、盗塁阻止率はパリーグ1の.400。
盗塁阻止はバッテリーの共同作業ですから、
何ともいえませんが、昨年の.400はこのコツに裏付けされていると
本人は思っているようです。

そのコツとはキャッチング時の「右足の向き」です。
なんと、右足の内側をピッチャー方向に対して水平に
しておくのです。完全につま先を外に向けるという訳です。
実践してみると、無理に外側へ向けているせいか
ステップが早くなります。これによってコンマ何秒か早く
なるのかもしれません。

ちなみに私がこの姿勢をとった場合、足首が堅いために
右バッターの外角のボール(ピッチャーに向かって右側)の
捕球が困難になりがちです(笑)。

私が工夫していた送球を素早くする方法は
1)普段後ろに隠している右手を膝の上に置いておく
2)若干腰を浮かして半身で構える
3)右足は固定してステップしない

プロの細かな工夫を取り入れるかは分かりませんが、
目の付け所が違うなあと思いました。
草野球とはいえ、盗塁を指さないと名捕手にはなれないので
がんばりますか!!
[PR]
by u-number9 | 2006-02-11 21:14 | 草野球