野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

私的定食屋論?

本日の晩御飯は新横浜の「大戸屋」。
居心地のよい定食屋をめざすチェーン店です。

値段は安めな上、豊富な種類の定食があり
味もなかなかです。とくに焼き魚の定食の種類も
豊富です。嬉しいのはご飯にひじきや、ジャコ
とろろをトッピングできるところ。私はジャコが好きです。
ちなみに今晩は「牡蠣フライ定食」で、ご飯にはジャコを
かけてもらいました(笑)。

「大戸屋」は好きですが、正直言って
定食屋と呼ぶには抵抗があります。まあ、定食を
売りにした和風ファミレスというところでしょうか。

というのも、私の定食屋のイメージでは
「ごはんは黙っていたら大盛り」
「キャベツの千切り大盛り」
「愛想が悪い(仲良くなると別ですが)」
「きれいではない」
「この定食が食べたいと思うものがある」
だからです。
新横浜の大戸屋は、勝手に席にも着けず
入り口で係りの誘導を待ちます。それはファミレスそのもの!
味は美味しいですが、どこか上品ですし
ご飯を「普通盛りですか?」なんて聞くのもやぼ(笑)。

私はいまでも大学生時代に通った
定食「伊賀」さんや、社会人になってから3年通った
定食屋(名前不明。看板すらなかった)の思い出が残ってます。

伊賀さんでは、これでもかという大盛りの
からあげ定食が印象的。時々、目玉焼きをサービスして
くれました。

社会人の時に通った筑波の定食屋は
ラーメン定食が最高。醤油ラーメンに日替わりの
おかず一品(揚げ物が多かった)と漬け物とご飯。
これに納豆(生卵付き)を頼むのが定番でした。

どちらも、きれいとは言えないお店でしたが
勝手に座って、食べて、出ていく。
顔なじみになると、特典がつく。そして、この定食屋の
これが食べたいと思うようになる。。。
それが私の定食屋のイメージです。

なんて、事を考えていたら
定食代金支払ったら、家までの電車賃が
ぎりぎりということに気がついて、青くなりました(笑)。
[PR]
by u-number9 | 2006-01-17 21:11 | 日常