野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

コープスブライド(映画(*ネタばれ注意))

6点/10点

解説: アニメーター出身の鬼才ティム・バートン監督が、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『ジャイアント・ピーチ』に引き続き挑んだブラックユーモアたっぷりのファンタジーアニメ。声優陣には、ゴールデンコンビとして知られるジョニー・デップや監督の妻でもあるヘレナ・ボナムカーターらを迎え、人間とゾンビの奇妙なラブストーリーを描く。全編をとおして昔ながらの「コマ撮り」で撮影された映像は、最近のアニメーションにはない深い味わいがある。

ストーリー: 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。(yahooより)

家内の希望で見に行った映画です。
(ジョニーディップのファンです)

チャーリーとチョコレート工場もヒット中の
ティムバートンとジョニーディップのコンビの作品。
流行のCGを使わず、針金を骨格にした人形を
1秒間に24コマと言うわずかずつ動かす「コマ撮り」を
して撮影している。

何と言ってもこの映画で目にいくのは
独特のデザインで完成度の高い人形の出す
雰囲気と動きの素晴らしさ。暗くアクの強いデザインで
あるにも関わらず、何となく親しみを感じられるのは
CGには無いものでしょう。
動きについても、唇の動きから髪の毛の揺れといった
細かいところまで気を配っているのは驚嘆です。

ストーリーは不思議なラブストーリー。
少しだらけてしまうところもありますが、
まずまずと言ったところ。
万人向けの映画ではなく、子供は退屈するでしょう。

ティムバートンの世界観と職人気質を楽しむ
映画かもしれません。
[PR]
by u-number9 | 2005-11-19 22:38 | 映画