野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォーガットン(映画(*ネタばれ注意))

3点/10点

解説: 『マネートレイン』のジョセフ・ルーベン監督が描く衝撃のスリラー。主演はジュリアン・ムーア。音楽は映画音楽界の巨星ジェームズ・ホーナーが担当している。親と子の強い絆からある真実が明らかになるまでを、ダイナミックに描いた作品。

ストーリー: 9歳の息子を飛行機事故で亡くしたテリー(ジュリアン・ムーア)は、ある日写真やアルバムから息子の姿が消えていることに気がつくが……。(yahooより)

かなり脚本がぶっ飛んだ映画でした(笑)。

飛行機事故で一人息子のサムを失ってから14ヶ月。
主人公のケリーはショックから立ち直れず精神科医に
かかっていた。しかし、サムが生きていた証の写真や
ビデオが無くなっており、周囲の人たちもサム存在の記憶が
無くなってしまった。。。。その理由が何と宇宙人の実験!!!
勘弁してください(笑)

宇宙人が原因でもいいのですが、もう少し
説得力がなければ、小学生でも納得できません。
母親と子供のつながりを研究したかったって?

素人2人を2度も3度も逃がしてしまう上に、
素人にとっつかまって脅されるだけで真実を白状する
軟弱な国家安全保障局員。
宇宙人の不思議な能力(突如人間を遙か彼方にぶっ飛ばす)
を受けない主人公。
真実を知っている一精神科医。あまりに都合が良すぎ。

映画の出来は70%は脚本で決まります。
あまりに説明不足で説得力が無いと視聴者は
ついていけません。なぜごんな映画を?という作品。
うーむ、ヤフーで1.7点ってのも納得
[PR]
by u-number9 | 2005-11-19 22:12 | 映画