野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かかりつけ医の必要性

私には市販薬で治らないようなちょっとした風邪や
インフルエンザワクチンを打ってもらうような
かかりつけの病院や薬局がありません。
(腰などの整形関係は特定のところに通っていますが)

大したことがなさそうであれば、
いきなり特定機能病院など大きなに行かずに
まずはかかりつけ医に見てもらうことが
病院の役割を考えても当然で、義務かなと考えてます。

うちの近所には2つの開業医さんがあります。
一方はアジア出身(中国?)のかなり年輩のお医者さんが
開業されています。この病院は未だに院内処方しており
病院内がとても雑然としており、胸部X線も看護師さんが
とります。(放射線技師って不要なのかなあ?)
お医者さんもベテランみたいなのですが、
日本語が流ちょうではないので、こちらの話していることが
伝わっているのかがちょっと不安です。人は良さそうなのですが。
先日、風邪が抜けきらず2週間も咳がとまらなかったので
診察を受けたさいにも、カルテをみるとcough(-)と書いてあり
ええ!?と心配になりました。まあ、結局は咳止めも処方されて
体調が良くなったので、いいんですが。。。

さてもう一方は、こちらは小さいですが綺麗な
クリニック。お医者さんは中年の日本人。今年の夏に「前庭神経炎」で
目眩を起こして入院した際に、最初に訪れたところです。
ここにはちょっと不信感があります。
私はかなり詳細に症状や経緯を話す方なので、前庭神経炎を
見逃された恨みは大きいのです(笑)
さらに、このクリニックは医療モールのようなビルに
入っており、別の皮膚科では、帯状疱疹の際に、細かな説明や
治療をしてもらえなかったという不信もあるのです。

そんなわけで、私はいろんな病院と薬局を
使ってしまっています。固定したかかりつけ医や
薬局があった方が、自分の過去の経緯や薬のアレルギーも
理解してもらえるので理想なんですが・・・・

いい先生に会いたいなあ。
[PR]
by u-number9 | 2005-11-13 18:01 | 日常