野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

DVD鑑賞の一日

先週引いた風邪が治らず(こんな話ばかり(涙))
一日おとなしくしていました。そこで、
知り合いから頂いた大量のDVDを見ていました。

その中にアニメで「攻撃殻機動隊stand alone complex」という
OVAシリーズ(全26話)がありますが、これが面白く一気に
見てしまいました。

ストーリーとしては
科学技術が発達した近未来日本が舞台のSF。普通の人間と義体と呼ばれるサイボーグが混在する社会で起こる様々な犯罪に立ち向かう、首相直属の武装組織公安9課(通称:攻殻機動隊)の活躍を描いた物語。
物語の土台となっている近未来世界では、人間が身体の一部あるいは全部を機械化し、現実の世界と仮想現実の世界(電脳世界)が複雑に入り混じった社会が訪れており、これが物語を理解する上で重要なポイントになる。
公安9課はそうした複雑な環境で起こる犯罪に対処するために創設された、非公式の特殊活動部隊であり、様々な障害・障壁に遭遇しながらも作戦を遂行していく。
(ウィキペディアより)

というもので、基本的には1話完結なのですが
シリーズ通したテーマの話もあり、見始めたら
止まりませんでした。

それにしても日本のアニメは良くできています。
下手な映画よりも、よっぽど質がいいのではないでしょうか。
確か、「ターミネーター」「アビス」「タイタニック」といった
映画を監督したジェームズ・キャメロンがこの作品の
劇場版に感銘を受けたという話を聞いたことが
ありましたが、納得です。

近未来の世界をリアルに構築するクリエーターの
方々の想像力には恐れ入ります!
[PR]
by u-number9 | 2005-11-05 22:00 | 映画