野球と映画とモバイルなどを楽しみ、おまけで仕事を精進していく日々を綴っていきます・・・


by u-number9
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本気で救助活動させるつもりですか?

上司も救助指示せず 2運転士、事故伝える

マスコミは言葉が不足しています。

事故に巻き込まれた運転士さんらは救助の
プロではありません。現場で救助活動する必要はありません。
ハッキリ言えば、組織だって動くレスキュー隊の邪魔になるでしょう。

彼らが動くべきだったとするならば、事故直後。
レスキューが到着する前に、生き残った乗客がパニックに
ならないようにして、避難させ2次災害を防ぐこと。
レスキューが来るまでに救助活動をすることは
『可能ならば』と条件がつくでしょう。
体に問題がなけば、近所の方がやっていた怪我人の
簡単な救急処置を手伝っても良いですが。

むしろ、JR西日本は彼らをに救助作業をさせなくとも
事故前後の事情を聴取すべきです。乗客の説明よりも
専門家として的確な言葉で伝えることができるでしょう。
彼らも大きな事故に巻き込まれて、ショックでしょうから
その後に運転業務をさせてるなんて論外です。
(乗客に対する安全性も考慮して)

マスコミはJR西日本を叩きたいのでしょうが、
的確に報道して欲しいものです。
[PR]
by u-number9 | 2005-05-04 20:48 | ニュース